注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2019年05月24日

『内なる聖地2019〜水の神々〜 ことほぎ舎かわかみつぎこ展』行ってきました♪

本日から開催の上記作品展に行ってきました。

97645.jpg97646.jpg

97647.jpg

展示場所に入ると、癒しの音楽がお出迎え♪
そして、パステル調のなんとも優しい〜感じの絵が並んでいます。

97652.jpg
97650.jpg
97649.jpg
97648.jpg

作者のかわかみつぎこさんご本人もいらっしゃったので、
個々の作品について・作成手法などについてとても詳しく説明していただけました◎

絵が大好きな私、居心地の良い空間に思わず長居してしまいました。
優しくも暖かい絵の数々に、癒された極上の時間でした✨

『内なる聖地2019〜水の神々〜 ことほぎ舎かわかみつぎこ展』
5月24日(金)〜26日(日) 9:00〜16:30
宮古神社さんの休憩所内で開催中です。

ヨガスタジオ・ククルの目の前なので、レッスン終了後にぜひ(*^_^*)


posted by MIKA at 18:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

ヨガの効果を妨げるレッスン中の習慣チェックリスト

昨日5月22日の記事では
今日はレッスン中の習慣をチェックしてみます。

□レッスンに集中していない
「レッスンが終わったら、何を食べようかな〜」
「明日の予定は何かあったっけ?」
などなど。
レッスンの最中に上の空だと、効果は表れにくいです。

高すぎる室内温度・湿度も集中力は途絶えがち。
どうしても集中力が保てない場合は、エアコンで温度・湿度調整を行うのも一つの方法かと思います。
もうろうとした意識の中でヨガをやることはオススメしません。

自宅ヨガの場合
ヨガに全く関係の無いテレビ番組を見ながらのヨガもあまりオススメしません。

□ネガティブ思考・否定する
「どうせ、効き目はないんでしょ」
「私には無理!できない!」
そのように思うこと。ましてや口に出すことで、
どんどんヨガの効果から遠ざかっていくように思います。

ぜひ「きっとできる」とか「気持ちいい!」とか「説明があった、効果が実感できる!」
などの、前向きな思考で!

□他の人を気にしている・比較している
個々のお顔が違うように、柔軟性・関節の向き・体力などもひとそれぞれ。
隣の人に負けないように、強度を無理に上げても本来の効果が得られません。

□呼吸が止まっている
ハードなポーズを無理に行ったときなど、呼吸が止まっている場合があります。
呼吸とともに、気の流れやエネルギー、血流も滞りがち。
体の隅々まで、ヨガの効果を届けるには呼吸が必要です。
(但し、場合によっては呼吸を止めるものがあります。指導者に従ってくださいね)
 
□正しい姿勢で行っていない
集中していない場合や他の人と競争意識が強すぎるときには、
正しい姿勢になっていないことがあります。

ポーズをとる時にお伝えした、目線・呼吸のタイミング・今どこが伸びているか・どこが強化されているか
体としっかり向かい合っていくことで、正しい姿勢に近づきます。

レッスンの時に、「はたして自分の姿勢は正しいのだろうか?」と疑問を抱いたときには
ぜひ、インストラクターを呼んでください。
恥ずかしがる必要はありません。
他の方への参考となったり、インストラクターのスキルアップにもなります。

*
改めるのが難しい項目・すぐに改められる項目がありますが、
これらのことを意識するだけでも、ヨガの時間の質が変わっていくように思います。

せっかくお忙しい貴重な時間を捻出して、参加したヨガの時間。
どうせなら、効果の出る時間にしていきたいですね
(*^_^*)
posted by MIKA at 17:03| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

ヨガの効果を妨げる生活習慣チェックリスト

「ヨガの効果が、いっこうに効果が表れない!!」
という方もいらっしゃるかと思います。

もちろん、ヨガの効果には個人差がありますが、
生活習慣の中でもヨガの効果を妨げていることがあります。

そんなチェックすべき生活習慣をまとめてみました。

□食事のバランスが取れているか
 不規則な食事、偏食、栄養のバランスをチェック

□活動と休息のバランスは取れているか
 過労になりすぎても、活動不足・運動不足になり過ぎても体調は不調になりがち

□睡眠のバランスは取れているか
 睡眠不足・睡眠過多どちらも不調の要因になりがち

□質の良い睡眠がとれているか
 背骨を歪める原因となるマットや合わない枕の使用
 浅い眠りだけになっていないか

□靴は自分に合ったものか
 高いヒールや重たい靴、サイズの合わない靴、踵のない靴など
 靴が及ぼす影響は以外に大きいものです。
 中には腰痛の原因になることもあります。

□薄着や厚着をしていないか
 体を冷やすことは万病のもととなります。
 厚着をすることで、汗をかき、反って冷えを招くことも。

□薬の影響
 体の自然治癒力を抑えてしまう場合も否定できません。

こう、列挙してみると、何かしら心当たりのあるものがあることも多いと思います。
持病があると、薬を止めるわけにはいきませんが、
ご自身にとって改善しやすいものから、改善できるとまた新たな進化を感じれるはず
(*^_^*)


posted by MIKA at 05:00| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

ご予約当日はご参加の可否を必須とさせていただいています

ヨガスタジオ・ククルは完全予約制とさせていただいています。

理由は
(1)ご参加人数に合わせたレッスン内容をお伝えしているため
(2)ご参加人数に合わせたマット準備を行っているため
(3)キャンセルになった場合、いち早くキャンセル待ちの方にご連絡するため
(4)ご参加予定の方が時間前に揃ったら、早い時間でもレッスンを開始できるため
(5)ご参加予定の方が揃ったら、セキュリティ上施錠するため

などの理由によります。
特に(3)の理由により、
一人でも多くご希望される方がレッスンに参加ができるようにご協力いただいています。

他の自営業の方から、「予約制って大変でしょう?」とよく聞かれます。

確かに。8年目に突入してもまだまだ運営には悩み多しです。

数年前から、当日のご予約確認・ご参加可否の返信を必須にさせていただいたので
オープン当初より、各段に直前キャンセルや無断キャンセルは減りました。
とはいえ、
満員でキャンセル待ちの方がいらっしゃる時に限って、発生するが悩みです。

どうしても体調不良や寝過ごしの方は直前でのご連絡になったり、
ご予約を忘れている方は、こちらからの予約確認メッセージに気づかない場合も。

困ってしまうのは、ご予約確認メッセージに返信が無い場合で、
さらに当方からの電話もつながらない場合。
その方が、レッスンにご参加されるのか、無断キャンセルになってしまうのか。
この見極めが難しいです。

ほとんどの場合は、そのまま無断キャンセルになってしまうことがほとんどです。

ところが、こんなこともあります。

携帯を機内モードにしていて、予約確認メッセージに気づかず
当方からの電話もつながらなかった方が
「自分が予約していたのは覚えていたので、スタジオに来ました」
ということがありました。

この時には、てっきり無断キャンセルかと判断してしまい、
キャンセル待ちの方に入っていただいたので
完全にオーバーブッキングとなりました。

ご参加いただけて、嬉しかったのですが、マットが足りず、敷く場所が無い!

止む無く、本来私がマットを敷いているところに入っていただき
私は基本立ったままでお伝えし、事なきを得ました。

その反対のことが、つい先日もありました。
予約確認メッセージに返信が無い・電話もつながらない。
いつもは、きっちりとご参加される方だったので、
上記のようにオーバーブッキングになってしまうことを懸念して
キャンセル待ちの方をお断りしました。

でも、結局無断キャンセルになってしまいました。
ポツンと空いた無人のマットはそのまま....

レッスン後にやっと連絡が取れましたが、
職場に電話を忘れてキャンセル連絡ができなかったとのことでした。

このように
無断キャンセルになってしまうのか、ご参加していただけるのか...
ヨガの穏やかな時間とは反対に、予約管理はバッタバタです(~_~)

※回数券をお持ちで無い方、体験の方は
レッスン1時間前でもご参加可否の返信が無い場合は
ご予約が取り消しとなりますので、ご注意願います。


posted by MIKA at 08:12| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

気になる!「鎖骨ほぐし」

ヨガのインストラクターになってから、
以前よりさらに体のケアに関することに興味を持つようになりました。

今日もそんな体のケアに関するこの記事が気になりました。
「5秒でOK! 肩こり解消には「鎖骨ほぐし」
(参考 5/19配信 テレ東プラス
URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00010000-tvtplus-life&p=2)

記事は吉田一也先生による見解に基づいて作成されたもので
吉田一也先生
→理学療法士。医学博士。
人間総合科学大学保健医療学部 准教授。高田馬場にて肩専門コンディショニングサロン「APULA」を運営。
著書「肩こり、首痛、頭痛は鎖骨を5秒ほぐすだけでなくなる!」(主婦の友社)にて「鎖骨ほぐし」を提唱している。
と紹介されています。

この記事では、『肩こりの解消には肩をもむより鎖骨をほぐせ』
という意外なことから始まっています。
鎖骨をほぐすことで、肩こりだけではなく、首痛や頭痛にも効果があるのだとか。

記事では、鎖骨がいかに肩関節と密接につながっているかの”実験”があります。
(以下『』部分は記事より抜粋)

『腕を上げてみてください。上がりましたね。
では、鎖骨を押さえて腕を上げてみてください。
あら不思議! 腕が上がりません』

私も実際にやってみました!
「上がらない」というよりは、「上げにくい」感じですが
確かに鎖骨を押さえるかどうかで腕の上げ方に明らかな違いがあります。

これは、いかに鎖骨が肩関節に関係しているかを示すもので
『鎖骨は胸骨や肩甲骨と繋がっているので、鎖骨が圧迫されていると肩の関節が動きにくくなる』
と説明されていました。

『また、鎖骨の周りには多くの神経や血管、リンパが密集していて、圧迫により血流が悪くなり老廃物が溜まりやすくなります。』

私のヨガのレッスンの時にも「鎖骨を動かして」とよくお伝えしていますが、
鎖骨の動きは本当に大切☆


そしてこの”鎖骨ほぐし”では、マッサージではなく『皮膚をつまんで引っ張ること』
がポイントと記されています。

”皮膚をつまんで引っ張る”?
ここがとても以外でしたが、これも記事の中での”実験”で納得!

『屈伸してください。できますね。
では、パツパツのジーンズを履いて屈伸してください。
むむっ、脚が曲がりませんね。』

この例は、とてもわかりやすかったです◎

『これは筋肉も同じ。
いくら筋肉や関節が柔らかくても、外側の皮膚がタイトだと、動かなくなってしまいます。
そこで鎖骨周辺の皮膚を柔らかくすることが必要なのです』

筋肉や関節が柔らかくても、皮膚が硬いと動きにくい!
なるほどぉ〜!!

そしてこの記事では、鎖骨のほぐし方について具体的に記載されていますが、
文字で読むより、動画で見た方がわかりやすかったです。
気になる動画は「鎖骨ほぐし動画」で検索し古田一也さんのものを選ぶと出てきます。

私自身、物心ついた時から「肩こり」に悩まされていました。
幼い頃から体が硬く、姿勢が悪かった影響だと思います。
小学生のころでは、鎖骨に意識が及ぶべくもなく、長年肩こりに悩まされていました。

ヨガに出会ってからは、かなりマシにはなりましたが
ヨガスタジオ運営に必要な、パソコン作業をしているのでまだまだ肩こりとは縁を切ることはできていないです。

なので、「鎖骨ほぐし」少しチャレンジしてみようと思います。
ただ...
「1箇所あたり5秒、数か所で3〜5分」を朝昼晩の3回。
続くかな〜(;^ω^)





posted by MIKA at 05:59| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

本日のベーシックヨガ:梅雨ヨガ

梅雨入りしている宮古島です。
今朝は、朝ヨガの直前から激しい雨と雷雨でしたが、
朝ヨガ終了とともに、雨と雷雨は上がっていました。
このタイミングがなんともミラクル☆

次の時間のベーシックヨガでは、梅雨特有の不快な症状
(だるさ・重さ・頭痛・肩こり・むくみ)
を解消するような内容にしていきました。

ポイントは呼吸とリンパの流れ。

呼吸はいつもの完全呼吸で。
手で体を触りながら、しっかり呼吸を感じていただきます。

また、今日は特に鼠径部を伸ばすポーズを多めにしました。
膝立ち三日月のポーズ、三日月のツイスト、三日月からの体側伸ばし等々。

さらに、片足前で行う前屈、深い前屈なども多めに。
膝の後ろのツボ刺激でむくみ改善効果をアゲていきます♪

上半身はワキの下を伸ばすものを多めに。
このあたりも伸ばすとむくみにはとっても効きます◎

一つ一つのポーズは難しくないものの、連続して行ったので
ベーシックなのに、滝汗でした💦

汗とともに、余分な老廃物も流れてスッキリ〜✨

梅雨明けまでは
鬱陶しい梅雨の時期でも快適に過ごせるものをお伝えしていきます!

次回のベーシックヨガもお楽しみに(^_-)-☆

ベーシックヨガは毎週2回
金曜日と日曜日の10時30分〜11時30分に実施しています。

特に金曜日が空いています☆
日曜日ご希望の方は、満員になる場合が多いので早目のご予約がオススメです。

※体験ご希望の方のお申込み締め切り:ご希望レッスン前日20時となります。
会員の方は当日10時まで(朝ヨガの場合:当日6時30分まで)お申込みOKです。
posted by MIKA at 14:08| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

ヨガスタジオ・ククル会員の方ならレッスン途中参加・途中退出OKです

ヨガの予約日当日。
思いがけないハプニングが起きることもあるかと思います。

「寝過ごしたぁ〜!!」
「出かけようとしたら、突然の来客が!」
「予約していたのを忘れていて、今気づいた!」
「銀行に行ったら、意外に混んでいて、レッスン開始時間に間に合わない」
などなど。

そんな時、ヨガスタジオ・ククル会員の方ならキャンセルしなくてOKなんです◎
途中参加できます✨

ヨガスタジオ・ククルは直前(レッスン開始1時間前以降)キャンセルや無断キャンセルは
キャンセル料が発生します。

※キャンセル料
有効な回数券をお持ちの方は、回数券での精算で。
回数券をお持ちで無い方は、
会員の方なら1,500円、島割体験の方は2,000円、ビジターの方は3,000円の料金をいただきます。

どうせキャンセル料を払わなければいけない状態なら、
少しの時間でも、レッスンを受けていただいが方がモチベーションが低下しないのでオススメです。

また、
「レッスン終了時間近くに歯医者さんの予約がある」
「次の予定の時間が迫っている」とかの場合なら
途中退出もOKです。

忙しい日々の中、隙間時間を活かしてご利用くださいね(^_-)-☆

※途中参加・退出が可能なのは会員の方のみです。
ビジターの方・体験の方は不可となります。

※体験ご希望の方のお申込み締め切り:ご希望レッスン前日20時となります。
会員の方は当日10時まで(朝ヨガの場合:当日6時30分まで)お申込みOKです。
posted by MIKA at 17:53| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

レッスンは”見学”ではなくぜひ”体験”を!

LINEを新規追加していただいた方より、お問合せがありました。
「見学だけしたいのですが、可能ですか?」

これに対して
「大変申し訳ありませんが、見学のみのご利用はお断りしています。」
その後「なぜなら...」
という理由を入力する前に送信してしまいました💦

理由をすぐに追加送信したかったのですが、その前に先方から
「そうですか。ではブロックします。」
と遮断されてしまいました...

なんとも衝撃!
過去7年間、700名以上のご利用実績を誇る(!?)
ヨガスタジオ・ククル史上初のことで、しばらく呆然としていました。

私も暇では無いので、ヨガスタジオ・ククルに興味の無い方には
一切の勧誘メッセージは送信しないので、安心していただいて良いのですが...
ブロックするなら、こっそりやっておいて欲しかった....

そんな私の衝撃はさておき。

「レッスンを見学だけしたい」という方へのご案内です。

ヨガスタジオ・ククルでは、見学だけのレッスンご参加はお断りしています。

理由は
レッスンにご参加されている方の集中力の妨げとなるためです。
自分がレッスンを受けている時に、
第三者からじっと見られていることへ抵抗のある方は多いと思います。
(私も受講している時は、そうでした)

また、ヨガは見るだけのものではなく、実際に行ってこそ
気持ち良さが実感できるものと思っています。

ぜひ、見学ではなく体験でのお申込みをよろしくお願いいたします
<m(__)m>

※体験ご希望の方のお申込み締め切り:ご希望レッスン前日20時となります。
会員の方は当日10時まで(朝ヨガの場合:当日6時30分まで)お申込みOKです。
posted by MIKA at 14:09| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする