注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2019年08月15日

お盆の時期に海で泳ぐと...

『お盆の時期は海に入ってはいけない。
なぜなら亡霊に足を掴まれて、溺れさせられるから。』

小さい頃から言われていたことですが、
このことは、科学的にも説明がつくそうです。
もちろん亡霊ではありません。

お盆の時期は台風が発生しやすい時期でもあるので
荒れた海になりがち。
離岸流に巻き込まれて、スーっと沖まで流されパニックになり溺れる。
昔からこんなことがあったのかもしれません。
それが、亡霊のせいにされたのかも。
小さい子供とかに対しては、効果てきめんだと思います。

折しも台風10号では、大型とあって、かなり広い範囲の海が荒れたようです。
海難事故も何件か報道されていました。

海の事故では、沖に流されていく離岸流がよく取り上げられていますが
私がさらに怖いと思うのは「逆潜流」。
海底に向かって引き込まれる流れです。

まさに、”亡霊に足を掴まれて沈まされる”ような感じです。
こんな事になったら、絶対パニックになりそう。
逆潜流だけには絶対に巻き込まれたくない現象です。

この逆潜流は、
波打ち際かそこからあまり離れていない距離に急に深くなるような場所があること
が発生条件のようです。
なので、泳ぐ場所についての正しい知識も必要ですね。
遊泳禁止になっている場所では、絶対に泳がないことが身を守る一つの手段です。

お盆時期に限らず、台風の時や海が荒れている時には
「マリンレジャーはあきらめる」という勇気も必要ですね。
( ̄ー ̄)
posted by MIKA at 18:12| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

「パンケーキシンドローム」にショック!

昨日のネットニュース並びに今朝のめざましテレビでも紹介されていたネタです。

数年前から専門店ができるぐらい、超人気スィーツ「パンケーキ」
私も大好きです!
しかし、このパンケーキには思わぬ危険が潜んでいるとか。

その危険とは...
「パンケーキシンドローム」
ホットケーキミックスなどの袋の中で繁殖した
ダニ・ダニの死骸やフンを食べてしまうことで引き起こされるアレルギー症状のことだそうです。

「口腔アナフィラキシー」とも呼ばれ
症状としては
全身のじんましん・むくみ・呼吸困難・喘息・腹痛など。

最悪の場合には命を落とす危険もあるというから、
「たかがパンケーキ」と軽く考えられません。
こういった症状が出た場合は、即救急車を呼ぶべきだそうです。

ホットケーキミックスに限らず、お好み焼き粉・薄力粉・強力粉...
さまざまな”粉もん”に共通するようです。

特にホットケーキやお好み焼き粉の原材料は
ダニが好む匂いやアミノ酸類を含んでいるため、ダニが誘因されやすく繁殖しやすいそうです。

どのぐらいでダニが繁殖するかの実験では
わずか2週間で、わずかに繁殖
1ヶ月では粉全体がモゾモゾと動くほど、大量発生する
というショッキングな結果が!!

このパンケーキシンドロームが厄介なのは
火が通った食品でも症状が出るということ。
ダニの侵入を防ぐしか打つ手は無いようです。

では、どのようにして侵入を防ぐか?
開封したらガラスやプラスチックの容器で密封し、冷蔵庫で保管するか
なるべく早く使い切ることを推奨されています。
輪ゴムやチャックを占めても、虫の混入は完全には防げないそうです。

最初から小分けされたものを購入する方が良さそうですね。

逆に
シンクなどの湿気がある場所で粉ものを常温保存している場合は要注意です。

ここで、我が家の失敗談。(もちろん、上記の内容を知らない頃です)
我が家はホームベーカリーでパンを焼くことが多いのですが、
長期間開封したまま常温放置(クリップで口に封)していた
「イースト菌」を久しぶりに使おうとしたら....
袋の中で小さな生物がウニョウニョうごめいていて、絶叫したことがありました。

もちろん、そのままゴミ箱へ。
以来、管理は徹底するようになりました(;^ω^)

ちなみにダニが繁殖しやすい環境は
温度25〜30℃、湿度65%〜85%で繁殖しやすい特徴があるそうです。
宮古島では、5月ぐらいから11月ぐらいまで、上記条件にバッチリ適合してしまいますね💦

皆様、身の安全のために今一度正しい保存方法をご確認くださいませ✋

posted by MIKA at 17:35| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

GW中のSNSにご注意を....

いよいよ始まりました10連休!

中には「GWは家族全員で旅行に行きま〜す!!」
という方も多いかと思います。

これをブログやFacebookで発表したり、インスタに旅行中の様子をUPするのはとても危険!

という記事や報道が多いので、このブログでもご紹介しておきたいと思います。

GWという長期間、家族全員で旅行ということは空き巣のターゲットになる可能性があるからです。
そして、GPS機能がついているスマホからUPされたインスタの過去写真から
その方のご自宅がわかってしまうらしいとのこと。

楽しい旅行中の様子は、ぜひ後日報告が安心ですね。

また、家を留守にする際には電気をつけっぱなしにしておいたり
テレビもつけっぱなしにして人の気配がある状態にしておくと良いそうです。

楽しい旅行を安心して満喫できますように(*^-^*)

ちなみに、ヨガスタジオ・ククルは4月30日(火)以外のGW9日間
全てレッスンがあります。

明日28日(日)のレッスンは
7:30〜8:30 朝ヨガ
10:30〜11:30 ベーシックヨガ
を予定しています。

どちらにも空きがありますが、朝ヨガにかなり空きがあります。
ベーシックヨガは残り一名様のみご予約可能です。

宮古島でお過ごしの方は、ぜひご参加お待ちしています♪
*
※体験ご希望の方のお申込み締め切り:ご希望レッスン前日20時となります。
会員の方は当日10時まで(朝ヨガの場合:当日6時30分まで)お申込みOKです。



posted by MIKA at 18:46| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

ミニマリストが提唱する断捨離5つのコツ

「断捨離」
移住前の私に一時的に断捨離の神が降臨したものの
最近は、また遠くに去っていかれました。

要・不要どちらにも溢れてきだした、家の中を反省しつつ
昨日、またこの断捨離を思い出させた記事
『ミニマリストしぶに聞いた断捨離の効果が想像以上だった。「捨てるコツは全部で5つあります」』
URL:https://r25.jp/article/638899473091463736
を取り上げてみたいと思います。

そもそもこの断捨離はヨガの行の言葉で
・断行:これから入ってくる不要なモノを断つ
・捨行:すでにある不要なモノを捨てる
・離行:モノへの執着から離れる
というものらしいです。

たしかに、少し頑張って片付けをすると、スッキリして心まで晴れ晴れ。
この爽快感はヨガをした後にも通じます。

またこの記事の中で心に刺さったのは
『貧乏な家ほど物にあふれていて、金持ちの家ほど上物だけでスッキリしている』
というもの。
あぁ、心が痛い!!

もう一度断捨離の神を降臨すべく、断捨離の5つのポイントを記録しておきたいです。

<断捨離5つのポイント>
1.やらない言い訳ができない「朝イチ」にやる
→時間が経てばたつほど、疲れたから、とか眠たいからとか言い訳をして後回しにしてしまう。

2.買戻しできるものから断捨離していく
→初心者がいきなり「思い出の卒業アルバム」などを捨てるのは危険
用途が被っているものを中心に選ぶ。
例)青色のボールペンが2本あるなら、1本捨てる。

3.捨てるかどうか迷った時点で捨ててOK
→本当に必要なら「捨てる」という発想すら浮かばないはず

4.捨てる時には「なぜ捨てることになったのか?」を考える
→これを繰り返すと、余計な物を買わないクセがつく

5.捨てたくないものは無理に捨てない
→服やコレクション・趣味のものなど、自分にとって必要なものは無理に捨てない。
「何を捨てるか」より「何を残すか」が大事

上記で紹介したURLの記事では、ミニマリストの方のお部屋の写真や
断捨離すると何が良いのか、などなど、興味深い内容がこの他にも多々ありました。

また、この記事以外にも「断捨離のコツ」で検索すると、
たくさんの記事が紹介されています。

「平成のうちに断捨離!」を目指している方、一緒に頑張りましょう!!

とりあえず、私は確定申告が終了次第、頑張ります(^-^;
posted by MIKA at 11:27| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

普通の人をクレイマーにしてしまう”D言葉”

接客中心のお仕事に、まだまだ未熟な私。
この記事は、とても参考になりました。

参考にしたのはコチラ
『クレーマーの餌食になる人はみな
「この言葉」を使ってしまう
「D言葉」を「S言葉」に変換せよ!』
https://diamond.jp/articles/-/180806

この記事は
100業種・5000件以上のクレームを解決した、クレーム対応のプロ
株式会社エンゴシステム代表取締役の援川聡氏
の新刊からの紹介らしいです。

この記事の中でも、特に興味をいだいたのが
『不用意な一言で、相手をヒートアップさせる』
として紹介されたのが”D言葉”
代表的なものが
「ですから」
「でも」
「だって」

それまで冷静に話を聞いていた相手に、この言葉を言ってしまうと
とたんにキレてしまう可能性ありというから、なんとも恐ろしいことです。

この3つの言葉を言ってしまうと、相手にどのように伝わってしまうのか?

•「ですから」……〈そんなこともわからないの?〉という「上から目線」
•「だって」………〈そんなことを言われても困る〉という「逃げ腰」
•「でも」…………〈それは違うんじゃないの?〉という「反抗的な態度」
になってしまうとのこと。

ヨガスタジオ・ククルをご利用される方は、皆様とても優しいので、
オープン以来「クレーマー」の方はお一人もいません。

これはひとえに、ご利用される方々の心の広さゆえと思います。
知らず知らずに、上記のような言葉を使ってしまっていないか、
今、胸に手をあてて考えています( ̄ー ̄)


では、ついつい言ってしまいがちな上記3つの”D言葉”
どのような言葉に代えると良いのでしょうか?

上記の記事では、対策も述べられています。
『D言葉を「S言葉」に変換することです。
つまり、次のように「サ行」で始まる言葉に言い換えるのです。

「ですから」→「失礼いたしました」
「だって」→「承知いたしました」
「でも」→「すみません」』

これが”S言葉”として紹介されているものです。

”S言葉”でいったん、相手の怒りを静めてから、
「説明不足でした。もう一度説明いたします」
などとつなげるといった様な例が挙げられていました。

さらにこんな禁句も紹介されていました。
「会社の規定で」「会社の方針で」「事務処理上」
「普通は」「一般的に」「基本的には」
これも、ともすると大手企業や役所などで、よく言われた言葉に思います。

自分が言ってしまわないように、覚えておかねば...


これらの詳細は、援川聡氏の著書
『対面・電話・メールまで クレーム対応「完全撃退」マニュアル』に紹介されているそうです。
ご紹介まで。

posted by MIKA at 12:03| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

困ったときを切り抜ける会話術:答えたくない質問の場合

数日前にお取り寄せしたお品の中に入っていたパンフレット。
何気なく見たら、ちょっと気になるテーマが。

それが今日の記事です。
ビジネス心理研究家の神岡真司さんという方が
困った時に切り抜ける会話術を、4パターンほど紹介していました。

そのうち、「なるほどなぁ!」と思ったのが
『答えたくない質問をされてしまったときは?』
というもの。

こんな時にはズバリ!

質問自体をホメる

のだそうです!!

例えば、「〇〇さんって感じ悪くない?」
と聞かれたら
「すごい観察眼!!さすが!!」とまずは褒めて返し
「ところで、明日はまた寒くなるのかな?」
とすかさず話題を変えてしまうというのだとか。

特にこのような他人の悪口は、相手の勢いに負けて
ついつい「そうね」とでも言おうものなら
「”一緒になって”悪口を言っていた」となってしまうので、
神経を使います。

かといって、「いや、そんなことは無いと思う」と反対しても
「何よ、いい子ぶっちゃって!」となり、
あまり良い結果にはなりません。


相手の質問をホメて、すかさず話題を変える。
うまい切り抜け方だなと思いました。

以前にも記事にしましたが、
ほとんどのストレスは人間関係に由来するものだとか。
こういった上手い会話術を知っていると、
余計な衝突を回避できて、
ひいては余計なストレスを防ぐことができるかもかもしれませんね。

あとの3パターンについては、また機会があればご紹介しますね
(*^-^*)



posted by MIKA at 16:38| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

CAが困っている25の迷惑行為:ヨガもランクイン

MSNニュースより、興味を持った記事
「あなたも知っておいた方がいい実はCAが困っている25の迷惑行為」
https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/あなたも知っておいた方がいい、実はcaが困っている%EF%BC%92%EF%BC%95の迷惑行為。/ar-BBIq38P?li=BBfTjut&ocid=spartandhp#page=2

国内外の移動に飛行機を使う場合は、
CA(キャビンアテンダント)さんのお世話になります。
女子の永遠のあこがれの職業でもありますが、
海外には男性のCAさんも多いですね。

いつもにこやかに、てきぱきとお仕事をされるイメージのCAさんですが
乗客に止めてほしいと思っている本音もあるそうです。

詳細は実際の記事を見ていただくとして、ここでは項目のみご紹介を。
*
(1)座席の上の棚からやたら出し入れ
(2)自分の荷物の管理ができない
(3)裸足で歩き回る
(4)壁に足をかける
(5)足の爪を切る
(6)離陸体制に入ってもトイレから出てこない。
(7)シートベルト着用のサインが出ているのにトイレに行く
(8)安全のための情報を無視する
(9)持ち込んだお酒を飲む
(10)挨拶も返してくれない
(11)ヘッドフォンを耳にかけっぱなし
(12)指を鳴らして呼ぶ
(13)ペンを借りる
(14)タイミングが悪い
(15)コーヒーに砂糖とミルクがいるかどうか、あらかじめ言って欲しい
(16)「飲み物は何がありますか?」と聞かないで欲しい
(17)注意をひくために体を触らないで
(18)大した用じゃなければ呼ばないで
(19)スマホなどでアダルト作品の鑑賞はしないで
(20)通路でヨガをしないで→やるなら自分の席の迷惑のかからないところで
(21)イライラをぶつけないで
(22)全てを知っているわけじゃない
(23)食事のチョイスが無くて大騒ぎ
(24)上のキャビンに潜入!
(25)無料のドリンクを大量に頼む
*
項目(20)通路でヨガをしないで
笑ってしまいました!!
そんな人がいるんですね。
エコノミー症候群を防ぐためにも体を動かしたい欲求が出るとは思いますが...
通路をふさいでのヨガは避けましょうね☆
席に座ったままでのストレッチを紹介している航空会社もあります。
*
あと(14)タイミングが悪いと(18)大した用じゃなければ呼ばないで
逆に私はこう思われるのが嫌で、
呼び出しコールは押したことが無いです。

食事が終わり、映画タイムや就寝タイム時
CAさんが通路を歩いているときに、
目が合えばリクエストをそっと申し出る小心者です
(^-^;
posted by MIKA at 14:58| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする