注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2019年01月26日

おうちエクササイズ注意点:”回数”にとらわれない

テレビ番組や雑誌などでは
「腰痛改善」や「肩こり改善」、「アンチエイジング」「ダイエット」等々、
さまざまなエクササイズが紹介されていますね。

その中で
「このエクササイズを10回×3セットで朝・晩1日2回やりましょう!」
というような感じで紹介されていることが多いです。

「テレビで紹介されているのだから、絶対にやらなくては!」とばかりに
毎日・毎日、朝と晩に10回×3セットを行うのはとても気力のいること。
本当に全ての回数、きっちり集中して効果のある動きができるのだろうか?
と思ってしまいます。

私が大事だと思うのは、
「回数ではなく、どれだけ集中して体の声を聞けるか
効果的にエクササイズができているか」

その人の体力がまだ不足しているうちは、1回でもいいと思います。

その1回を丁寧にやることで、反動を使ったり正しくない姿勢で10回やるより
ずっと効果的だと思います。

昨日5回やったけれど、今日は疲れているので3回しかできない
という場合は3回でも良いと思います。
無理に回数をこなす必要は無いのです。

また、10回とあるのだから、10回以上やらない
と限界を決めてしまうのも、もったいないです。
体が「もっとやりたい!できる!」
と訴えているなら10回以上やっても良いと思うのです。

「昨日10回やったから、今日はやらない」
より、毎日1回の方が体も心も変化しやすいです。

回数を決めると、回数をこなすことだけで満足してしまいがち。
また、だんだん姿勢も崩れ勝ち。
崩れた姿勢は、腰痛や膝痛、肩コリなどの原因になる可能性があるので、要注意ですね。

また、
「絶対に朝と晩」に固執すると、もしかしたら心身は嫌々こなしているのかも。
朝、いきなり体を動かしてぎっくり腰に!なんてことになりませんように。

「この時間なら毎日時間が確保できる」
「この時間なら集中できる」
「この時間なら、身体が動きやすい」
と、ご自身が”継続しやすい”タイミングで良いと思います。
この「いつやるのか?」は習慣化するまでは、もしかしたら難しいかもしれません。
スキ間時間にできるものがあれば、家事の間に。とチョコチョコやるのも一考です。

回数とタイミングはご自身の心や身体とよく相談なさってくださいね。

ちなみに、テレビや雑誌でも何回と指示がありますが
たいていは下に小さく注意書きで
「ご自身の体力と相談してください」とか
「持病のある方は医師に相談してください」とかあります。
見落としがちですが、コレとても重要ですね☆


ヨガスタジオ・ククルでは、無理せず心身の進化を目指していきます☆



posted by MIKA at 19:06| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

インフルエンザワクチンが無い!?

昨日、主人がインフルエンザ予防接種を受けにいったところ...

なんと、ワクチンが無いとのこと!
さらに入荷見込みも立たないのだとか!!

仕方ないので、そのまま帰宅せざるを得なかったらしいのですが...
それにしても、ワクチンが不足しているとかではなく、
全く無い状態で入荷見込みも無いなんて初めて聞きます。

これって、主人が行った病院だけなのか、宮古島内か、全国的なのか....

まだ、予防接種を受けていない方は、
まずはワクチンがあるかどうか医療機関に確認してから行く方が良いのかもしれませんね
(~_~;)




posted by MIKA at 15:58| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

体脂肪:減らしたい・でも減らしすぎには要注意!?

「体脂肪」なんて、少しでも減らしたい!
こう思う方は多いようで...。

「体脂肪」を検索すると
体脂肪の減らし方、体脂肪を減らす食事、体脂肪を減らす運動...などなど
いかに体脂肪を減らすのかをテーマにした記事がたくさん出てきます。

私自身も、ヨガをやる前には約33%もの体脂肪があったので
少しでも減らしたいという気持ちを常に持っていました。

ところがダイエットについて勉強していくうちに
『体脂肪は実は大切なもの』ということを知りました。

体脂肪が少ないと、こんなリスクがあるそうです
<体脂肪が少ないリスク>
×免疫力低下により、風邪をひきやすくなる。
×低体温になり、冷え性になる→肩こりや腰痛、生理不順になりやすい。
×エネルギーの備蓄が少なくなる
×外的衝撃から体を守りにくい

特に若い女性は、骨盤機能低下により妊娠しにくくなったりするらしいとも聞きました。
また、大震災の時に生き埋めになった方で生還した人には体脂肪の高い人が多かったとも聞きます。

体脂肪は実は大切なものだったのですね。

ただし、必要なものであっても増やしすぎは良くありません。
<体脂肪が多いリスク>
(1)内臓脂肪が多い場合
×糖尿病、高脂血症、心臓病、脳卒中、高血圧症、歯周病、アルコール性肝疾患、痛風などの発症リスクが高くなる。

(2)皮下脂肪が多い場合
×脂肪細胞に老廃物が溜まったり、脂肪が変形し固まることでセルライトになる。
※一度できたセルライトは簡単に落とすことはできないので、出来ないようにすることが大事ですね。

何事にも偏らないことが大切ですが、体脂肪についても減らし過ぎず・増やし過ぎず。
バランスが大切だと思います。

私の場合、前述したようにヨガを始める前は約33%だった体脂肪が
今ではヨガのおかげで20%前後を保っています。
18%ぐらいまで体脂肪が減ると、体調不良を起こしやすいというわかりやすい結果が出ています💦

また、体脂肪率が低い筋肉隆々のボディビルダーが
実は風邪を引きやすいということもあるそうです。

特にこの時期は、風邪やインフルエンザが心配なので、免疫力は下げないようにしたいものです。

普通の生活をしていると、あまり減らし過ぎることは少ないと思いますが
ストイックな方はやり過ぎに注意してくださいね。
女性らしいボディラインも損ないませんように
(*^_^*)

posted by MIKA at 18:30| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

インフルエンザ予防接種後ヨガはOK?

本日インフルエンザの予防接種を受けてきました♪

注射後に渡された注意書きでは、よく
「本日は激しい運動は避けてください」とありますね。

では、”この激しい運動”ってどこまでOKでどこからNGなのでしょうか?
接種後にヨガをしても良いのでしょうか?

気になったので調べてみました。

<激しい運動を避ける理由>
まず、そもそも何故激しい運動は避けなければいけないのか?
予防接種を受ける都度に言われていることなので、
理由を考えたことなどありませんでした。

ものすごく簡単にいうと
「予防接種の副作用との判別が難しくなる」かららしいです。
激しい運動や飲酒で、動悸や呼吸困難が起きると
インフルエンザの予防接種によるものなのかどうか
判別が難しいと迅速な対応ができないので。
ということでした。

<激しい運動って具体的にはどの程度?>
これが、具体的な基準が無いそうです。
ただし、水泳・マラソンは避けるべきと指示されるとか。
息があがるかどうか」が目安になりそうです。

また、
日常生活の範疇を超えたもの・体調を崩す人が多い競技
かどうかも目安になりそうですね。

<ヨガはやって良い?>
慣れた方が、リラックス系のヨガをやるなら問題なさそうとの見解があります。
ただし
ホットヨガは汗を大量にかき、日常生活の範疇を超えているので避けた方が良さそうです。

ヨガスタジオ・ククルのレッスンメニューでは
ストレッチ・ヨガならリラックス系で大丈夫なような気はしますが
慣れていない方や体力の無い方の場合、
余分な緊張で汗が出たり呼吸が乱れたりすることもあるかも知れません。
個人の体力差があるので、一概に「絶対に大丈夫ですよ」とは言い難いです。

ストレッチ・ヨガ以外はある程度の運動量があるので、
予防接種24時間以内はお休みしてくださいね。

<絶対にNGな場合>
既に発疹や発熱、悪寒、頭痛などの副作用症状がみられる方は
どんな運動も行ってはいけません。


病気を予防して、健康を維持するために受ける予防接種なので
無理に激しい運動をすることで、健康状態が悪化...
なんて本末転倒なことにならないように。
一日は我慢して、安静に過ごしてくださいね
(*^_^*)

24時間以降、副作用等の異常が無ければヨガ解禁!!
ヨガスタジオ・ククルにGo☆



posted by MIKA at 20:30| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

ダイエットの必需品!体重計

あくまでも、私の場合は。ですが....
毎日体重計に乗るだけでもダイエット効果が!

とはいえ
年末年始、宴会でのごちそうやご褒美スィーツなどを堪能した翌日は
体重計に乗るのは恐ろしいもの。

その恐ろしさに、とうとう負けてしまい...
お正月休みの間、体重計に乗ることを避けていました。

そしてお休み開けの先週1月5日(土)
ものすご〜い勇気をもって、計測したところ....
やっぱりな。というひどい値が表示されました。
自分自身のベスト体重+2.5s。
体脂肪も2%増。

これはもう、本格的に引き締めなおさないと✊
と決意したとたんに体重計の電池切れ。
かなり年期の入った体重計はどうも電池切れサイクルが短いような気がして
本日、急遽世代交代していただくことにしました。

主人がお店で吟味して買ってきてくれた体重計がコレです☆
88049.jpg

画面が自動で切り替わり、計測値が表示されます。
第一画面
1段目:体重
2段目:体脂肪レベル
3段目:体水分率
4段目:推定骨量
88050.jpg

第2画面
1段目:体重
2段目:内臓脂肪レベル
3段目:体筋肉量
4段目:基礎代謝量
88051.jpg

ちなみに、計測しているのは主人です。

内臓脂肪レベルがちょい高めなものの、体脂肪率、体水分率が標準で
推定骨量は理想値超え!素晴らしい☆

さらに驚くのは基礎代謝量の高さ。
1786Kcalって、10代の若者以上の代謝だそうで。
羨ましい限りです。
私が寒いと思う時に「暑い!」と言っているのは、
この基礎代謝の高さによるものでしょうね。

この体重計がセッティングされたのは、昼食後だったので
私は明日の計測で(^-^;

明日から、しっかり計測していきます✊✊

posted by MIKA at 17:19| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

超忙しいときこそ「休憩」も大事:5つの休憩のコツ

”師”も走り回る「師走」
とにかく慌ただしい毎日が続きますね。

たくさんの作業・仕事を前に、
ただひたすらにやるだけではどうしても効率・生産性が落ちてしまいがち。

ビジネス書などでは
「午後には集中力を要する仕事はふさわしくない」
とされていることが多いようですが、その線引きはなかなか難しいですね。

パフォーマンスを上げるには、適切な休憩が大切となるようです。

そこで今日の記事では覚えておきたい休憩5つのコツをご紹介します。

記事が長いので、忙しい方は太字部分だけどうぞ☆

1.短い休憩をコマメにとる。
長時間の作業をしていると、達成目標を失いがち。
なので、短い休憩(マイクロ休憩)を何度もはさみ、心身のリフレッシュを。

2.動かないよりも動く
「座りっぱなし」=「禁煙」ぐらいに体に悪いそうです。
ある研究では
1時間ごとに椅子から立ち上がって5分間歩き回る
→活力や集中力が増す
→夕方の疲労軽減
という結果もあるそうです。

3.休憩中は1人よりも誰かと過ごす
休憩タイムに一人で過ごすと、お菓子を食べてしまったり
SNSの投稿・メールの返信をしてしまいがち。
同僚や傍にいる人とオシャベリをする方が
ストレスを減らし
気分が良くなる
という結果があるそうです。
なので
自分の席で、一人でパソコン・スマホを観ながらお弁当を食べる
「デスク・ランチ」はパフォーマンス低下の原因であり、
極力避けるべきと言われています。
(個人的な意見ですが
ランチを同僚と摂る方がストレスという人も多いとは思うのですが...)

4.休憩するときには休憩だけする
マルチタスクに憧れる人は多いけれど、
99%の人は同時に複数のことができないとの研究結果があるそうです。
休憩するときには、
物理的にも精神的にも仕事から離れる。
中途半端に離れるより完璧に離れる。
を心掛けてみるようにしてみます。

5.10分だけ昼寝をする。
40分の昼寝をした操縦士が、
反応時間に34%の改善が見られ、注意力が2倍になった
というNASAの研究発表があるそうです。

カリフォルニア大学バークレー校の研究によると
『午後の仮眠は学習能力を拡大するし、情報維持能力も高める。
しかし
30分から1時間30分もの時間に昼寝をすると
「睡眠慣性」が起こり、目覚めたあとに、頭がぼんやりしてしまう』
らしいです。

なので、オススメなのが10分から20分のお昼寝です。
ポイントは予めカフェイン飲料(コーヒーなど)を飲んでおき、
20分後にアラームを鳴らすこと。
アラームで昼寝から目覚めて、
カフェインが血流に乗る25分後にカフェインで覚醒する
という仕組みになります☆


まだまだ忙しい毎日が続きますが、
上手に休憩をとることで、効率よく作業を片付け、
寛げる自分時間が持てると良いですね。
(*^-^*)







posted by MIKA at 06:58| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

宴会シーズン食べ痩せテク(最終回):翌日がカギ

太らないためには翌日がカギです。

翌朝は水分だけを摂り、広がった胃をリセット

お腹が空いていたら、デトックス効果のあるリンゴを1個。

できれば宴会終了後から18時間は胃を空っぽにして、大きさを元通りに!

私の感想としては、この広がった胃の大きさを元通りにする
というのはとても重要と感じました。

連日宴会という、人気者の方はリセット大変かも
(^-^;

(参考)
fracora+ 12月年末特別号
「正しい「食べやすテク」で宴会シーズンでも太らない!」

posted by MIKA at 16:59| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

宴会シーズン食べ痩せテク(5):ラストオーダーは

宴会も終盤になると、
ビールや酎ハイなど冷たい飲み物で胃腸が冷え切った状態になっています。

ラストオーダーで1杯の味噌汁を飲むことで内臓を温めると、働きがUP⤴

アルコールにより、血中から外に出た水分を補給することで
太りにくくします。

帰宅してからでもOK☆

宴会シーズンの食べ痩せテクは明日で最終回です。
明日もお楽しみに(^O^)/

(参考)
fracora+ 12月年末特別号
「正しい「食べやすテク」で宴会シーズンでも太らない!」
posted by MIKA at 13:49| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする