注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2020年07月07日

骨盤の”歪み”について(2):原因となる生活習慣とその対処

昨日の記事では、骨盤の歪みによるデメリットをまとめていきましたが
本日の記事では、その原因となる生活習慣をまとめていきます。

日頃、こんな習慣が無いかもチェックしながらご覧くださいね。
それぞれ、簡単な対処法も記載していきます。

<身体の歪みを招く生活習慣>

1.いつも同じ方の足を組む
足を組むことで、組んだ側の骨盤が後傾するので、背骨も曲がってしまいます。

歪みがあるから、組みやすい方の足と組みにくい方の足の差が出るので
気づけば、いつも同じ足で組んでいるということに。
そうなると、さらにその歪みはどんどん進んでしまいます。

→対処法
骨盤が後傾してしまうので、足はあまり組まない方が良いのですが
どうしても足を組むのなら、
左右交互に足を組み意識を。
やりにくいと思う方を長めにして調整していきます。

2.いつも同じ肩にバッグをかける
バッグをいつも同じ方の肩にかけていると

体はバランスをとろうとする。
→重心がかかっている方の肩を持ち上げようとする
→カバンを持っていない状態でも片方の肩が上がったまま

ということになりがち。

肩の高さが左右違うことで、背骨の歪みを招きます。

背骨の歪みは骨盤に影響します。

→対処法
左右の肩にまんべんなくかける。
これも、かけづらい肩の方を長めに。

3 片足に重心を置いて立つ
無意識でそうなっている人が多いと思いますが
片方の足に重心を乗せて立つ癖は、骨盤の歪みを招きやすくなります。

→対処法
両足均等に体重を乗せてたつ
両足で立つことができるように、腹筋・背筋も意識する。


多くの人は利き手があるので、普通に生活するだけでも
身体は歪みがちと言われています。
そのうえで、このような生活習慣があれば
さらに歪みは進むばかりですね。

上記対処法では、それぞれの原因に対する一時しのぎなので
日々、体のメンテナンスが必要と思います。
骨盤を調整する、そのメンテナンス方法は...やはりヨガがオススメです☆

明日の記事では、ヨガによる骨盤調整効果をまとめていきます。



posted by MIKA at 17:00| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

骨盤の”歪み”について(1):デメリット

数年前に膝を痛めて以降、体の”歪み”について意識するようになりました。
ヨガインストラクターとなった今は、日々その意識が高まっています。

この体の歪みは主に、骨盤の歪みから生じるものが多いと言われています。
骨盤は背骨と密接に関係しているので、骨盤の歪みが背骨の歪みにつながっていくようです。

たかが”歪み”ですが、いろんなデメリットがあり
それを招く生活習慣があります。

今日の記事では、骨盤の歪みによるデメリットについて考えてみます。

<身体の歪みによるデメリット>
1.肩こり・腰痛・膝痛・股関節痛
上記記載のように、骨盤は背骨につながっています。
骨盤が歪むことにより、当然背骨にも歪みが及びます。

背骨が歪むことで、筋肉に負荷がかかります。
これによって、肩こりや腰痛・膝痛・股関節痛の原因の一つになると考えられます。

2.冷え・むくみ
骨盤には内臓を守る大切な役割もあります。

骨盤が歪んでしまうと、内臓が圧迫され、血流が悪くなってしまいます。
そのことで、冷えやむくみを招きやすくなってしまいます。

3.便秘・肌荒れ・疲れやすい
血液には酸素を運ぶ以外に、老廃物を排出する役目があるため、
内臓が圧迫されることにより血流が悪くなりことで、老廃物の流も悪くなります。

老廃物が溜まることで、便秘・肌荒れ・疲労を招きやすくなります。

4.婦人科系に悪影響
骨盤には内臓の他に生殖器を守る役目もあります。
骨盤が歪むと生殖器も圧迫されてしまうので、
重い生理痛・不妊などの婦人科系のトラブルを招きやすくなっていきます。

5.ダイエットの大敵
骨盤が歪むことでおきる上記1.〜4.のデメリットは、ダイエットの大きな妨げになります。
「そんなに食べていないのに痩せない」
「他の人と同じように運動しているのに効果が出ない」
という時には、この骨盤の歪みが原因となっているかも知れません。


では、なぜ骨盤は歪んでしまうのか?

明日の記事で「骨盤の歪みの原因となる生活習慣について」
まとめていきます。
明日もお楽しみに☆

posted by MIKA at 11:38| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

2020年後半スタート!朝のNG行動を改めて運気UP↑

2020年半年が過ぎました。
この半年は、”新型コロナ”に振り回された日々だったような気がします。

日本国内は”自粛”から”活動再開”に移行されていますが
どうせなら、2020年後半は穏やかに過ごしたいもの。

そんな時に目に飛び込んできたのが、この記事
「何気ない習慣が落とし穴に!?朝にやってはいけない5つのコト」
参考URL
https://news.yahoo.co.jp/articles/9509e2661b2c3f5655d56fc4e1de72cd7f76f117
(外部サイトのため、リンクは外しています。
また、ご参照になるときには記事が削除されている可能性があります)

風水の第一人者Dr.コパさんによると、
朝のこんな習慣が、その日一日の運気を下げることになるそうです。
上記参照URLでは、項目ごとに風水の観点から理由を記載されていました。

風水はあまり詳しくはありませんが、以下のNG行動はなるほどです。
項目ごとに私個人の感想を添えてご紹介します。

NG1.「あ〜あ、今日も仕事か」という
朝からネガティブなことを言うと、不運を読んでしまうのだとか。
朝は爽やかに・ポジティブに!!

NG2.寝室の窓をすぐに開けない
睡眠中に吐き出した”厄”と空気の換気を行うべきとのことです。
体内時計を整える意味でも、朝日は浴びた方が良いですね。

NG3.パジャマを着たまま朝食をつくる
科学的にも、起床後すぐに着替える人は痩せやすいとの研究結果があるそうです。
目覚めのスイッチともなるので、着替えるのは早目が良いですね。

NG4.洗面所でメイクをする
記事によると(抜粋)
『洗面所は厄を落とす場所なので、そこらじゅうに厄がついています。
そこでメイクをしても、健康的で美しいメイクはできません。
メイクを落とすのはOK。』

NG5.朝食を食べない
これも風水関係なく、健康のためにも朝食は必須です。

私の場合、NG4だけ該当していました。
毎日の洗顔後の続きにメイクを洗面所でしているので
これがNGなのは困りました...

明日からどこでメイクすればよいのやら...
と悩んでいたら
『自然光が入るところにメイクボックスを運んで化粧するとよい』
というのを別記事でみつけました。

すっかり染みついた習慣を変更するのは
難しいですが、脳トレにはなりそう。
明日からちょっとチャレンジしてみたいと思います✋
posted by MIKA at 15:57| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

コロナ太り対策!家でもできるエクササイズ10選!

”コロナ太り”解消に
「自宅で手軽にできるエクササイズは無いのかしら?」
と思う方も多いかと思います。

そんなあなたへ!
専門家のオススメする自宅エクササイズのランキングをご紹介します。

1位 縄跳び
室内で簡単にできる有酸素運動。
マンションなど、室温が気になる場合は、”エア”でもOK
ふくらはぎ、体幹、腕までと短時間で素晴らしい全身運動
脂肪燃焼効果も期待できるそうです。

2位 ケン玉
膝、足首、腰を使うので全身の有酸素運動になり、運動不足やストレス解消に効果的。

3位 ヨガ
心身をリラックス
激しい動きはしなくても汗びっしょり。
週3回程度、集中して取り組めば
心身のバランス、血流促進、柔軟性向上、筋力強化、引き締め効果...などなど
まざまな効果が期待できる。

4位 自転車型トレーニングマシン
家庭用もあり。
20分程度で血流が促進され、負担を掛ければ筋持久力向上、体幹や下肢筋力アップも期待できる。
無理なく効果的な有酸素運動ができ、脂肪燃焼効果が高い。

4位 ゴムチューブ
場所を選ばず、安全にできる筋トレ。
ゴムの伸縮と反発力を使い、鍛えたい部位に負荷を掛ける。
種目に合わせゴムの種類や強度を選び、様々な部位の筋力アップにつなげることが可能

6位 ダンベル
初心者なら、男性は5〜10キロ、女性は1〜5キロが目安。
ハードな筋トレで腹筋や背筋などを追い込める。

7位 バランスボール
イスの代わりに座るだけで体のゆがみを整えることができる。
正しい姿勢を自然に引き出せ、腰痛や肩こりが予防できる
不安定なボールの特徴を生かし、体幹部を中心としたバランス感覚や安定性を養うことも可能

■8位 ビリーズブートキャンプ 
再入隊(!?)する人続出だとか。
ビリーズブートキャンプの最新版はインターネットで配信されているとか。

■8位 踏み台 
踏み台の昇降で足腰を鍛える

■10位 任天堂「Wii」 
画面を見ながら体を動かせる

私は、毎日のようにヨガをしているので
別のエクササイズを選ぶなら、”自転車トレーニング”興味あります☆
テレビ観ながらエクササイズができるので。
でも、置き場所が無いので不採用かな。

なるべく場所をとらずに
思い立ったときにすぐに出来るものが継続しやすいのでは。
個人的な感想です(*^-^*)
posted by MIKA at 17:30| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

わかりやすい!手洗いの目安

先日の記事で、

過度な手洗いは逆効果!?

を記載しましたが、コロナウィルス感染予防にはやはり手洗いは重要。

ジャニーズの手洗い動画も話題になっていますね。

では、1回あたりの手洗いはどの程度までやれば安心なのか?

その目安として
「唐辛子を切った後、コンタクトレンズを入れる前に手を洗っている姿を想像してください。」
とのこと。
参照元:https://youtu.be/BtN-goy9VOY
(6分25秒あたりからご覧下さい)

わかりやすい!!


posted by MIKA at 18:00| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

新型コロナウィルス軽症・重症の程度は一般人と医師で大きなギャップ

よく報道番組で「感染しても約8割の人は”軽症”ですから」
というコメントを聞きますが、
この軽症は私たちと考えている軽症とは全く程度が違うらしいです!

それをイラストでわかりやすく説明していた記事がありました。
記事はコチラ
https://iinee-news.com/post-20429/

イラストを文字で説明すると

<軽症>
(医者)意識はある←→(素人)熱っぽい

<重症>
(医者)シュコーってしないと死ぬかな←→(素人)しんどい
※シュコー:人工呼吸器!?

<重篤>
(医者)現代医療なら即死は免れる←→(素人)メシが食えない、点滴が必要


本当に軽症って、上記にあるように
ちょっと熱っぽい程度ぐらいかなと思っていました。

実際には39.5度の熱が連日続いた状態でも、軽症扱いらしいですね。
意識があれば、「軽症」とのことですから((+_+))



posted by MIKA at 18:00| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

お宝発見!!

突っ込みどころ満載の安倍首相の「1住所につき2枚の布マスク配布」。
昨日発表なので、エイプリルフールの冗談かと思ったという声も続々聞かれます。

しかし、こんな救済方法より国民が待ちかねているのは
全国民一括給付なんですけどね...

ただし、実際に
マスク不足は全く解消された感はありません。

去年少し買い置きしていたマスクがそろそろ底をつきそうです。

追い込まれた感ゆえか、おぼろげながら
「たしか、うちにも布製のマスクがあったはず...」
というかなりあやふやな記憶を絞り出してみました。

遠〜い遠い記憶を頼りに、薬品保管庫をゴソゴソ。

おぼろげな記憶なので、どこに置いたのか一向に思い出せませんでしたが
執念深く、探しまくったところ...

ありました!!!
抗菌ガーゼマスク!!!
(シワシワ💦)
118643.jpg
風邪薬のオマケでもらったものでしょうか。
商品名が記載されていますね。

118642.jpg
裏面には「選択しても抗菌効果が持続します」との頼もしい一言が☆

ただし、このマスク、恐らく「昭和」時代のもの。
抗菌効果、まだあるのかどうか...
とりあえず、安心感はいただきました✨


posted by MIKA at 18:00| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

顔に触るクセに注意!

新型コロナウイルスの感染予防のために、
専門家は「顔を触らないよう注意して」と呼び掛けているそうです。

ウイルスに汚染された手で目、鼻、口を触ると、
粘膜からウイルスが体内に侵入する恐れがあるとか。

「そんなに顔って触っている?」
と思うかもしれませんが、意外に顔ってしょっちゅう触っているようです。

とある研究データによると、1時間に平均23回も顔を触っていたとか。
粘膜の部分では
口:4回 鼻 3回 目:3回

粘膜意外では
顎、頬、髪
が多いようです。

意外に女子より男子の方が触る回数が多いというデータもあるようです。

コロナウィルスがまだまだ猛威をふるっていますが、
今の時期は花粉飛散で、目や鼻を触る機会が増えています。

顔に触れる前には手洗いを。
...って、現実的には、なかなか徹底は難しいかも

私は、髪の毛が顔にかかるときが多いので、しょっちゅう顔を触ってしまっています。
また、アレルギー持ちなので、目が痒くなることもしょっちゅう。
痒くなったときって、待ったなしなので、その場でゴシゴシしてしまう...
気を付けなければ!!
posted by MIKA at 17:00| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする