注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2019年02月27日

半月板は裂けたまま:一生ヨガをやり続けて痛みの再発を回避

このブログでも何度か述べていますが
ヨガをやり始めて数年たった頃に右膝内側の半月板を損傷しました。
手術で治せない方向に裂けているので、一生裂けたままと言われました。

痛めた当初はサポーターを使えば歩けましたが
徐々に痛みは増すばかり。
一番酷いときには、両足ともに痛みが広がり
両手に杖を持たなければ歩けませんでした。

そんな状態でしたが、ヨガだけは続けていました。

できないポーズだらけでしたが、代替えポーズを教えてもらい、
その時にできるポーズでトライしていました。

痛みがあるときにヨガを行うと、痛い部分に負荷をかけたくないので
バンダのコントロールをすごく意識します。
体幹を安定させることで、膝への負担が軽くなっていたような気がします。

その時にできるポーズがとても貴重で、一つ一つのポーズに深く集中できました。

そして、あきらめずに練習を積み重ねていくうちに
半月板は裂けたままですが、痛みが取れていきました。

医師から指示された、膝の痛みを軽減するポイントは
◎太もも前側の筋肉を鍛える
→自分の筋肉をサポーター代わりにする。

◎体の柔軟性を向上させる
→硬い部分に引っ張られて膝に負担をかけないようにする。

◎体重を減らす または 増やさない
→重みをかけない

ですが、ヨガはこれらのポイントを網羅するものだったと思います。

医師から言われたように、私の膝半月板はいまだに裂けたままですが
毎日のようにヨガをしているおかげで、痛みは再発していません。

今後も、一生ヨガをやり続けて痛みの再発予防をしていく必要があります。
ヨガスタジオ・ククルも一生やり続けます!
(*^-^*)

posted by MIKA at 17:01| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする