注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2019年02月22日

ヨガ前の食事について

昨日のパワーヨガレッスン中に、ご参加されているうちのお一人から
「さっき、レッスン直前に食事をしてきてしまいましたが、大丈夫でしょうか?」
との一言がありました。

初回ご参加時からの注意事項で
「レッスンにご参加する時には空腹で」とお伝えしているのですが、
昨日は空腹に耐えきれず食べてしまったとのご連絡でした。

ちょうど、肩立ちのポーズをやろうとしていたところだったので
事前に申請していただいてよかったです☆

逆転系のポーズは、胃の位置も逆転しているので
食べ物が逆流しては大変!
急きょ、他のポーズに変更しました。

原則は空腹ですが、この方のように空腹で耐えきれない場合は
ストレスを感じる前に食べてしまいましょう。
※ただし肉などヘビーなものではなく
果物とかヨーグルトとか、胃に負担のないもので。

そして、その場合「食事してきました」を教えていただくことが重要です。
満腹でもできるポーズを探します★

<ヨガは原則空腹の理由>
●ポーズをとることによって、気持ち悪くならないようにするため。
●内臓まで効果を届かせるため。
●消化するために血流が胃腸に集まっているので、注意力が散漫になりやすいため

<何時間前に食事を終えているべき?>
「ヨガの前2時間は食事をしない」という説をよく目にします。
一般的な食事の消化時間程度ということですが...

ヨガの種類によってもこの食事前の数値はバラツキがあります。
たとえばアシュタンガヨガの時には「8時間前に食事を終えていること」と言われました。
実際、激しく動くアシュタンガヨガでは、全くお腹の中に入っていない状態で行う方が楽でした。

また食べ物にもよります。
ヨーグルトや果物などと、お肉では消化に要する時間が異なるので、
開けるべき時間も異なりますね。

インストラクター研修では8時間ということもあり、ランチの時間もありました。
その場合、午後からのレッスンに響かないように
ゼリー飲料を摂っていました。

レッスンに受講される方、ご参考に(*^-^*)

明日23日(土)
10:30〜11:30 ストレッチ・ヨガ
12:00〜13:00 パワーヨガ
13:30〜14:30 ダイエットヨガ
全てのレッスンに空きがあります★

お申込みお待ちしています♪


posted by MIKA at 14:49| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする