注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2020年01月31日

今年の目標は:顔筋トレ☆

2020年もすでに1月最終日になって、今更ですが
今年の目標が決まりました!

今年の目標はフェイスラインのリフトアップ!

なぜ、この理由かと言うと...

年末年始に出演した「ゆく年くる年」の私の顔がひどかった⤵
こんなにも頬の肉がたるんでいたとは(´;ω;`)

たまたまその番組を観ていた方からは
「綺麗に映っていましたよ!」
とお声がけしていただけましたが、
絶対に社交辞令としか思えない!
本人的にはかなり、落ち込む衝撃映像でした。

普段、身体の方はアンチエイジングを心がけていますが
顔の方は完全に油断していました。
まさか、自分の頬肉があんなに緩んでいたとは...

年末と言えば、過去最高に減量成功していたので
ホッソリ映っている予定が、いざ映像を通してみると
上半身だけの映像なので。超ふくよかに見えました。

なので!
今年は絶対にこのフェイスラインをなんとかします!
年初からやっておけば、年末までには変わっているはず。

では、具体的にどうするのか?

それは明日の記事で(^_-)-☆
posted by MIKA at 05:00| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

ヨガ実践のための注意事項・ポイント(19)〜出産後

ヨガ実践時の注意事項やポイントについて。
書籍に記載されている内容を元に、
私自身の見解や経験、ヨガスタジオ・ククルでの実行方法などを記載していきたいと思います。
参考書籍:『ハタヨガの真髄』B.K.Sアイアンガー著

今日は”出産後”について
上記の書では

「出産後の1か月間は、どのアサナもやってはいけない。
1か月経ったら、ゆっくりと行い始めてもよい。
付録1(=初級レベル)のコースを少しずつ増やす。
出産後3か月が過ぎれば、快適にすべてのアサナを行えるようになるだろう。」
とあります。

産後、いつヨガを再開するかは
自然分娩か帝王切開かによっても違いがあります。
自然分娩の方は、ほぼ1か月後ぐらいで、ストレッチヨガなどの
リラックス系から始めることができる方もいらっしゃいます。

帝王切開の方は3か月ぐらいは体力の回復を待った方が良いと思います。

ヨガスタジオ・ククルでは、いずれにせよ
主治医の方の了解を得た上での再開をお願いしています。

体力や環境など、産後の体の回復は個人差があるので
まずは、医学の専門家に相談してからの方が安心ですね。

また、産後は育児のストレスも多くなるので
周りの方のサポートも必要にはなると思いますが
できるだけ、ヨガでリフレッシュの時間を確保していただければ...
と願っています。


posted by MIKA at 05:00| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

確定申告作業中

年初より、確定申告作業に追われています。
毎年、今頃の時期にはほぼ提出するだけの状態になっていて
確定申告受付初日には、提出するようにしています。

...が。
今年は、アクシデントが!

先週、会計ソフト入力用のパソコンが故障したのです。
まったく、宮古島に来てからパソコンの故障は何台目やら....

作業をしたくても、真っ青になったままの画面では何もできず。
結局初期化をして再設定せざるを得ない状況でした。
もう一度、会計ソフトをインストールして、バックアップファイルを戻して...
中にはバックアップをパソコン本体にしているデータもあったので
それらは、またイチからやり直し。

レッスンのある日は、作業をする気になれず、
休日の貴重な時間には、確定申告以外にもやることがいっぱい。

なんとか、ククルの分が昨日出来上がりましたが、
まだまだ”あらら窯”の方は手つけず。

来週の休日は、ラストスパート!!
posted by MIKA at 05:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

気になる!新型コロナウィルス

新型肺炎のニュースに連日、目が離せません。
最初は中国だけの話だったのが、瞬時に世界中に感染者が拡大。
特効薬が無く、感染者の数は、増加する一方のようです。

そんな中、全国どこにでも中国観光客で溢れている日本は大丈夫?
と心配していたら
中国では27日(月)から団体旅行を禁止にしたそうです。

29日(水)宮古島平良港への寄港予定だったクルーズ船も
中国政府の意向でキャンセルに。

ただし、個人旅行は禁止されていないようなので
どこまで徹底できるか...
日本側で、入国禁止にすればいいのに、との声もあがっているようです。
無症状でも潜伏期間は感染拡大するので、
事態が収束するまでは入出国は双方で厳格に管理してほしいものです。

この新型コロナウィルスに関しては、かなり情報が錯綜しているようで
中にはバナナを食べると感染するといったデマ情報もあるようです。

正しい情報は何か?隠ぺいされている情報は?
などなど、情報の精査は難しいですが、
まずは最低限の自己防衛から。

手洗い・うがい・マスク

このマスクが昨日まで中国観光客の方々に爆買いされていて品薄状態だとか。

とあるニュース報道でインタビューに応じた中国人マダムは
「そんなに大量にマスクを買ったら、他の人の分が無くなるんじゃないかって?
いいのよ!私さえ良ければ!!」
絶句⤵

posted by MIKA at 05:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

ヨガ実践のための注意事項・ポイント(18)〜妊娠

ヨガ実践時の注意事項やポイントについて。
書籍に記載されている内容を元に、
私自身の見解や経験、ヨガスタジオ・ククルでの実行方法などを記載していきたいと思います。
参考書籍:『ハタヨガの真髄』B.K.Sアイアンガー著

今日は”妊娠”について
上記の書では

「妊娠中、初めの3か月はどんなアサナを行ってもさしつかえない。
(↑ヨガスタジオ・ククルの見解とは異なります)

立ちポーズと前屈のポーズは、すべて動きをゆるやかにして行った方がよい。

この時期には背骨は強く、柔軟にするべきであるし、同時に圧力を与えてはいけないからである。

バッダコーナアサナとウパヴィシュタ・コーナアサナは妊娠期間中いつでも、
また一日のうち、どんな時間でも(食後でも、だが前屈は食事の直後はさけなければならない)
行うことができる。

この2つのアサナは骨盤筋肉と腰の力を強めるので、これによって分娩中の痛みがかなり軽減する。
妊娠期間中、ずっとプラーナヤーマを息を止めないで(クンバカなしで)行えば、
その規則的な深い呼吸が分娩を大いに助けるだろう。」

バッダコーナアサナ:合踵のポーズ、踵と踵を合わせて前屈
Cut2020_0121_1221_33.jpg

ウパヴィシュタ・コーナアサナ:開脚前屈
Cut2020_0121_1218_53.jpg

上記にも記載しましたが
ヨガスタジオ・ククルでは、妊娠初期のヨガは禁止にしています。
この時期には、母体は不安定で流産の危険性もあると言われているためです。

ヨガスタジオ・ククルでのレッスン参加は
安定期以降、主治医のOKが出ていることを条件にしています。

妊娠中のヨガを行うことで
・足のつり解消
・腰痛・肩こり改善
・気持ちの安定
・安眠
・分娩時の呼吸の安定
・産道をスムーズにする
などなど、妊娠中のマイナートラブルを防ぎ、安産力をUPするのでオススメです。




posted by MIKA at 05:00| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

ヨガ実践のための注意事項・ポイント(17)〜女性への注意

ヨガ実践時の注意事項やポイントについて。
書籍に記載されている内容を元に、
私自身の見解や経験、ヨガスタジオ・ククルでの実行方法などを記載していきたいと思います。
参考書籍:『ハタヨガの真髄』B.K.Sアイアンガー著

今日は”女性への注意”について
上記の書では

「21.月経期間中は、アサナを避けた方がよい。
出血が多すぎる場合は、
ウパヴィシュタ・コーナ・アサナ、
バッダコーナアサナ、ヴィーラアサナ、
ジャーヌシールシャアサナ、
パスチモッターナアサナ、
ウッターナアサナ
は効果があるのでやってもよいだろう。

だが逆立ちのポーズは、月経期間中は絶対に避けなくてはいけない。
また強く左右にねじるポーズも避けなければならない。」

これもアサナの名前がたくさん出てくるので、どんなものか見ていきますね。

ウパヴィシュタ・コーナアサナ:開脚前屈
Cut2020_0121_1218_53.jpg

バッダコーナアサナ:合踵のポーズ、踵と踵を合わせて前屈
Cut2020_0121_1221_33.jpg

ジャーヌシールシャアサナ:片足前屈
Cut2020_0121_1223_00.jpg

パスチモッターナアサナ:座位前屈
Cut2020_0107_1604_56.jpg

ウッターナアサナ:立位前屈
Cut2019_1125_0753_05.jpg

生理中のヨガは、逆立ちを含め、激しいもの・ジャンプのあるポーズはお休みします。
ただし、ストレッチ系のリラックスのヨガは、血流をよくするので
反って楽になる場合もあります。
上記、行ってもよいポーズを参考に、無理なくできるものがあればやってみても良いかと思います。

ただし、婦人科系の疾患がある場合、主治医から生理中のヨガを禁止されている場合は
必ずお休みしてくださいね。
posted by MIKA at 05:00| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

橋本マナミさんの美のヒケツ

24日(金)の「特ダネ」で
女優の橋本マナミさんの一日に密着し、
その美のヒケツを探るというものがありました。

橋本マナミさんと言えば、あこがれの美BODYです。
その美BODYのヒケツ、興味あります!!

この番組では、間取り等ご本人のご自宅そっくりに作られたセットを用意し
あちこちに定点カメラをセットし、一日の動向をチェックし
美のヒケツを見つけていこうとしていました。

いくつかあるヒケツを、覚えているうちに記事にしておきます( ..)φ
(順不同)

(1)朝、起床後すぐにお湯を飲む
→朝は一番身体が冷えているので、お湯で体内を温めることは身体にとても良い。
私も目覚めてすぐにお白湯を飲みます。
五臓六腑に染み渡る感じで、温かいお湯が体内をめぐっていく感覚が味わえます。
お腹から内臓をしっかり温め、腸も目覚めてくれるので、健康にとても良い感じ◎

(2)多くの時間をつま先だちで過ごす。
→つま先立ちで掃除機をかけたりされていました。
美脚効果・ヒップアップ効果がありそうです。

(3)おやつに酢納豆
納豆に酢をかけておやつ代わりにされていました。
「発酵食品+お酢」すごい健康に良さそうですね。
私は納豆が食べれないので、これはできないです...

(4)フルーツは常温で
朝食時のフルーツはすべて冷蔵庫で冷やしたものではなく
常温のものを食されていました。
このときのフルーツはリンゴといちごでした。

(5)常に良い姿勢
良い姿勢を保つには、腹筋や背筋力が必要なので
筋トレ効果があります。
これは本当にオススメ!
手軽だし、いつでもどこでも実践できます。

まとめてエクササイズをしようと思うと大変なので、
日常生活の過ごし方を気を付けていることで体型を維持されているとのことでした。
また、なるべく身体を冷やさないように・温めるように
という意識が徹底されているなぁと感じました。

どれも特別難しいことは無く、日々実践しやすいものばかり。
だからこそ、続けていきやすいのでしょうね。

このような日々の生活の成果か、橋本マナミさんの腸内環境は
アスリートよりもさらに良い結果が出たそうです。
健康的な美しさのヒケツは日々の生活にアリですね。

posted by MIKA at 05:00| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

ヨガ実践のための注意事項・ポイント(16)〜中耳炎、内耳炎、網膜剝離の人への注意

ヨガ実践時の注意事項やポイントについて。
書籍に記載されている内容を元に、
私自身の見解や経験、ヨガスタジオ・ククルでの実行方法などを記載していきたいと思います。
参考書籍:『ハタヨガの真髄』B.K.Sアイアンガー著

今日は”中耳炎、内耳炎、網膜剝離の人への注意”について
上記の書では

「上下逆になるいかなるポーズはしてはいけない」

とあります。
逆に言うと、それ以外のポーズはやっても良いの?
という疑問が...

これらの症状にある人は、しばらく安静にしておいた方が良いのでは...
私見ですが。

しっかり治してから、再開しても遅くは無いと思うので
体調不良のときには勇気をもって静養してくださいね。
posted by MIKA at 05:00| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする