注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2019年11月30日

パワーヨガ概論(9)〜太陽礼拝A_深い前屈のポーズ

3.深い前屈のポーズ
Cut2019_1125_0753_05.jpg
息を吐きながら、上半身を足の付け根から二つ折りにしていきます。

両手を肩幅に開いて、手の平全体をマットにつけます。

深い前屈では
膝は曲げても良いので、手の平全部を床につけることを優先します。

手の平を置く位置は
両足の真横が望ましいですが、つらい場合は体より前に手を置くと楽です。

頭のテッペンは真下に向けます。
★頭に血が昇ってしまわないように、ウディヤナヴァンダを締めることで血の逆流を防ぎます。

息を吐き切るまで、この姿勢で。
posted by MIKA at 02:00| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

パワーヨガ概論(9)〜太陽礼拝A_太陽礼賛のポーズ

2.太陽礼賛のポーズ
(流派によって、異なる名称になっている場合ありです)
Cut2019_1119_1218_36.jpg

山のポーズから、息を吸いながら
両手を横から大きく弧を描くように回して
※スタジオ内の人数が多く、手を横に伸ばすことが難しい場合は
正面から”前ならえ”を経由してバンザイをします。

頭の上で合掌をします。
首を少し後ろに反らして、合掌の両手の親指を見つめます。

息を吸いながら手を挙げることで、肋骨も上に上がるので
手を上げやすいです。
手・肩だけではなく、肩甲骨から腕を動かす意識で行います。

posted by MIKA at 02:00| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

パワーヨガ概論(9)〜太陽礼拝A_山のポーズ

太陽礼拝Aの各ポーズについて記載していきます。

太陽礼拝Aはこの写真上段にある9つのポーズを連続して行います。
111012.jpg

この一連の流れから、今日は山のポーズについて。

1.山のポーズ(サマスティティティ)
Cut2019_1119_1207_07.jpg
ヨガマットの前の方に、「気を付け」の姿勢で立ちます。

とてもシンプルですが、それだけにあちこち意識をするが大切になります。

背筋を伸ばして、肩の力を抜き、鼻先遠くを見つめます。

足の親指と親指をくっつけて、踵は指1本か2本離れてもOKです。

膝の上のお肉を持ち上げ、ウディヤナヴァンダ・ムーラバンダを締めることで、
グラグラする体を安定させます。

左右の肩の高さ・骨盤の高さを揃えます。

揺らぎが無く、山のようにどっしり安定した姿勢をイメージします。

全ての立位の基本となります。

posted by MIKA at 18:33| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

パワーヨガ概論(8)〜太陽礼拝

本日から、ヨガスタジオ・ククルのパワーヨガでは必ず行っている
「太陽礼拝」について解説していきます。

なお、太陽礼拝は流派によって若干の違いがあります。
このブログではヨガスタジオ・ククルのパワーヨガで用いているものを説明していきます。
ヨガスタジオ・ククルのパワーヨガではアシュタンガヨガを元にしています。

<太陽礼拝とは>
複数のシンプルな動作を呼吸に合わせて行います。

太陽礼拝の各ポーズは、パワーヨガで行う全てのポーズの基礎となるものばかりです。
『何かのポーズに行き詰まったら、太陽礼拝をもう一度じっくり復習し直すと良い』
と教えられました。
それぐらい、たくさんのエキスが詰まっているものです。

太陽礼拝A(上段)と太陽礼拝B(下段)の一連の流れ
111012.jpg

太陽礼拝Aでは
9つのヴィンヤサ、9つの呼吸に合わせたシンプルな流れがあります。
腕と脚を伸ばし、力を入れることで、体と精神と魂を準備する導入となります。
背筋を前方に伸ばすこと、後ろに反らすことで神経系を活性化します。

太陽礼拝Bでは
17のヴィンヤサ、17の呼吸に合わせたシンプルな流れがあります。
股関節と肩を広げるものや、脊柱を強化するために行う動作が含まれています。

<太陽礼拝の効果>
一連のポーズを行うことで以下の効果が期待できます。
・体力と柔軟性、持久力が向上します。
・呼吸のコントロールが整えられます。
・体を温めることで、ウォーミングアップ効果があります。

posted by MIKA at 02:00| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

パワーヨガ概論(7)〜ドリスティ-8.左遠方・9.右遠方(パールシュバ)

この視点はバランスのポーズ、ねじるポーズで行います。
Cut2019_1125_0759_54.jpgCut2019_1125_0801_23.jpg

ドリスティの説明は本日の記事が終了です。

明日以降は、太陽礼拝A,Bについての解説をしていく予定しています。


posted by MIKA at 02:00| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

パワーヨガ概論(7)〜ドリスティ-7.つま先(パタヨラグライ)

つま先(パタヨラグライ)
前屈を行う時には、つま先を見つめることで
背骨を自然に伸ばしやすくなります。

Cut2019_1125_0753_05.jpg

posted by MIKA at 07:54| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

パワーヨガ概論(7)〜ドリスティ-6.手(ハスタグライ)

手(ハスタグライ)
手の凝視は、広げるポーズや伸ばすポーズ
例えば
パールシュバコナアサナ
Cut2019_1122_1552_57.jpg
を正しい位置にするために使うドリスティです。
posted by MIKA at 02:00| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

パワーヨガ概論(7)〜ドリスティ-5.空:天(ウルドゥワ)

空:天(ウルドゥワ)
上方向の視点への精神集中は、もう一つの解放ドリスティです。

ヨガスタジオ・ククルのレッスンでは
「天井を見つめて」といったわかりやすい表現にしています。

首を痛めていたり、つらい場合は無理せず楽なところで。
posted by MIKA at 02:00| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする