注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2019年04月09日

新紙幣発行決定

新しい1万円札、5千円札、千円札が2024年から流通させるようです。

新しいお札の顔は
1万円札:渋沢栄一
5千円札:津田梅子
千円札:北里柴三郎
とのことです。

津田梅子、北里柴三郎は有名ですが「渋沢栄一って誰?」という方多いようですね。
私もそうです。
日本の資本主義に貢献した人物らしいですが、何故国民に広く知られている人物が選ばれていないのか...

個人としては、どうせ変更されるなら聖徳太子の復活とか
卑弥呼なんてのも夢があって良かったのですが。

ともあれ。
決まったのであれば渋沢さんには、たくさん我が家に来ていただくように鋭意努力していきましょう✊

ちなみに日本銀行によると
お札が変わっても、古いデザインの紙幣は
法令に基づく特別な措置(※)がとられない限り、通用力を失うことはありません。』
とのこと。
聖徳太子の一万円札も、使用可能です☆

ただし、流通に不便なようであれば交換も可能なようです。


※過去”特別な措置”が取られたのは3回。(日本銀行ホームページ参照)

その結果、これまでに発行された銀行券(53種類)のうち31種類については通用力が失われ、現在は銀行券として使えません。

(1)関東大震災後の焼失兌換券の整理(1927年<昭和2年>)
(2)終戦直後のインフレ進行を阻止するためのいわゆる新円切り替え(1946年<昭和21年>)
(3)1円未満の小額通貨の整理(1953年<昭和28年>)
こんなことは、今後無いようにして欲しいものです(~_~)
posted by MIKA at 09:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする