注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2019年02月28日

ヨガスタジオ・ククルのケガ予防法

ヨガスタジオ・ククルでは年間延べ3,500名程の方がレッスンを受けてくださっています。
(あくまでも”延べ人数”です)
そしてそのうちヨガレッスン中にケガをされた方は0名です。

この数字はとても素晴らしいものです☆

お一人お一人が意識高く・注意深く・集中して
レッスンを受けてくださった成果と本当にありがたく思っています。

今後もケガをする方が発生しないよう、
ヨガスタジオ・ククルでお伝えしている、ケガの予防法をまとめておきたいと思います。

<ヨガスタジオ・ククルにおけるケガの予防法>
1.ゆったりとした呼吸
レッスン冒頭に呼吸を練習します。
練習した、ゆったりとした呼吸を保つことで、心が穏やかになり、体の緊張を解いてくれます。
呼吸が乱れない状態を意識することで、無理なポーズは取らなくなります。

呼吸が荒くなってきたり、止まったりするようであれば
その時のポーズは強度を緩めるか、いっそチャイルドポーズ等で休憩をしていくようにお伝えしています。

2.バンダの意識
ウディヤナバンダ・ムーラバンダの引き締めによって、背骨や腰を支え
安全にポーズを行うことができます。

レッスン冒頭にバンダの意識を練習し、
動きに入ってからも常にバンダを意識していくようにお伝えしています。

3.正しい姿勢でポーズを行う
誤ったポーズは関節に負荷をかけてしまい、ケガを誘発してしまいます。

各ポーズでは、目線や手の位置・足の位置・顔の向き・背骨・骨盤の向きなど正しい姿勢を細かくお伝えしています。
また、どの部分が伸びているか・引き締められているかをお伝えし
その感覚がない場合の修正の仕方をお伝えしています。
さらに適宜アジャストも行い、お一人・お一人の正しい姿勢をサポートをしています。

4.体の声を聞く
ご自身の心と身体にしっかり集中すると、無理なポーズはとらなくなります。

「痛い」ところまでやるのではなく「痛気持ち良い」程度。
そして呼吸が乱れない強度がご自身にとっての、その時点での正しい姿勢となります。

「痛気持ち良い」と思える体の声をしっかり聞いていくことをレッスン冒頭でお伝えしていきます。

5.他人と比較しない
自分が苦心しているときに、隣の人が楽々とポーズを取っていたりすると
焦ったりする場合があります。
その焦りによって、無理なポーズをとったり力づくで何とかしようとするのはケガの元です。

他人と比較して、その人と同じ姿勢になる必要はありません。
焦る必要もありません。
上記「4.体の声を聞く」ことができて、その体の声に忠実な姿勢がとれていればOKです◎

*

誰しもケガをするためにヨガをしていないはず。
上記5項目を忘れないようにしていくと、これからも安全にヨガを楽しむことができ
ヨガの効果も深まっていくはず(*^_^*)

明日も安全にヨガを楽しんでいきましょう♪

明日は10:30〜11:30 ベーシックヨガ実施予定です。
すっごく空いています!

ご参加できる方、ぜひお申込みお待ちしています!!


posted by MIKA at 17:55| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

半月板は裂けたまま:一生ヨガをやり続けて痛みの再発を回避

このブログでも何度か述べていますが
ヨガをやり始めて数年たった頃に右膝内側の半月板を損傷しました。
手術で治せない方向に裂けているので、一生裂けたままと言われました。

痛めた当初はサポーターを使えば歩けましたが
徐々に痛みは増すばかり。
一番酷いときには、両足ともに痛みが広がり
両手に杖を持たなければ歩けませんでした。

そんな状態でしたが、ヨガだけは続けていました。

できないポーズだらけでしたが、代替えポーズを教えてもらい、
その時にできるポーズでトライしていました。

痛みがあるときにヨガを行うと、痛い部分に負荷をかけたくないので
バンダのコントロールをすごく意識します。
体幹を安定させることで、膝への負担が軽くなっていたような気がします。

その時にできるポーズがとても貴重で、一つ一つのポーズに深く集中できました。

そして、あきらめずに練習を積み重ねていくうちに
半月板は裂けたままですが、痛みが取れていきました。

医師から指示された、膝の痛みを軽減するポイントは
◎太もも前側の筋肉を鍛える
→自分の筋肉をサポーター代わりにする。

◎体の柔軟性を向上させる
→硬い部分に引っ張られて膝に負担をかけないようにする。

◎体重を減らす または 増やさない
→重みをかけない

ですが、ヨガはこれらのポイントを網羅するものだったと思います。

医師から言われたように、私の膝半月板はいまだに裂けたままですが
毎日のようにヨガをしているおかげで、痛みは再発していません。

今後も、一生ヨガをやり続けて痛みの再発予防をしていく必要があります。
ヨガスタジオ・ククルも一生やり続けます!
(*^-^*)

posted by MIKA at 17:01| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

インストラクターなんて呼ぶ?

ヨガ、ピラティス、エアロビクス、の指導者の方たちは
”インストラクター”と呼ばれますが、
この”インストラクター”って、世間一般どのように呼ばれているのでしょうか?

琉舞や三線、ピアノ・バイオリン、そろばん・学習塾の講師同様に
ヨガのインストラクターも「先生」と呼ばれていますね。

私も会員様のほとんどの方に「先生」と呼んでいただいて
おりますので、恐れ多くて恐縮しますが、とても嬉しいです。
「先生」と呼ばれると、向上心が強くなり、より分かりやすいレッスンに
しようと力がみなぎるのです!

ところで、時々「牧田さん」と呼ばれる方がいらっしゃいます。
そうすると、ご近所さんから呼びかけられたような感じになり、集中力が
インストラクターでは無くなって、あたふたしてしまいます。
「美香さん」って呼んでいただくとニコニコします。
内地では姓で呼び合うことが多いと思いますが、ここ宮古島では下の名前で
呼び合うのが普通(同一姓が多いので自然とそうなる)だからでしょうか。
人間の心と身体の作りって複雑でおもしろいですね。

また「美香先生」と呼んでくださる方もいます。
私、こう呼ばれるのが大好きです!
愛情も感じて最高です!!( *´艸`)

今度、「牧田さん」と呼んでいただく方には、勇気を出してお相手の方に
「”美香さん”って呼んでもらえると嬉しいです」と言ってみようかな。

posted by MIKA at 10:54| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

明日からホッペにテープ( 一一)

宮古島で最も混雑すると聞いている皮膚科のお医者さん。
凄まじい待ち時間との情報を聞き、できるだけ行かないようにしていましたが
本日、爪のトラブルでとうとう初受診することに。

ついでなので、気になる頬のシミも相談しちゃおう!
ということで、見せたところ...
「これシミではなく、腫瘍化していますね!」と言われ、
その場でさっそく治療することに。
液体窒素を使った治療でしたが、これが痛いのなんの!
3日間ぐらい痛みが続くそうなので、まだまだ我慢は続きます。

そして、その患部には大きなテープがペタっと貼られました。
この先2週間は、ずっと貼り続けたままにしないと大変なことになるそう。
お風呂や洗顔は要注意です。

顔の一番目立つ所に大きく貼られたテープはマスクをしていてもはみ出て見えます⤵

そして2週間後は、別のテープを貼り、生まれ変わった皮膚を刺激から守るのだとか。

レッスンはもちろん通常通り何の支障もありません。
当分の間、お見苦しい顔となりますがご容赦お願いいたします
<(_ _)>
posted by MIKA at 11:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

県民投票日

沖縄の皆様、投票は済みましたか?

意外にも、投票率は14時の時点で14.4%、期日前投票20.58%とあまり高く無いんですね。
イメージ的には80%ぐらいいくのかと思っていました。

政治的な話はさておき。
あくまでも県民投票した感想を。

私ども夫婦は期日前投票をしました。
何事も前倒し処理をしておかないと落ち着かない二人なので(^-^;

辺野古の埋め立て反対か賛成か、どちらでもないか。
投票用紙にはそのいずれかに〇を記すようになっていました。

辺野古基地建設についての是非ではないんですね。
そこはもう論点では無いということでしょうか。

当初宮古島は県民投票を実施しないということだったので、
投票できるようになったのは、とてもありがたいと思えるものでした。

「誰かに投票」ではなく「自分の意思を示す」という形式の投票って生まれて初めてのこと。
でもこの意思は何らかの形で反映されるのか、それとも『ふ〜ん』で終わってしまうのか...
どうか、意味のないものにして欲しくないと思います。





posted by MIKA at 16:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

パソコンがぁぁぁ〜っ!!!

このブログへの記事投稿をはじめ、
ヨガスタジオ・ククルのスケジュール作成や必要書類作成、
確定申告や日々の経理処理、情報検索、E-mail・通販等々...

我が家はとってもパソコンへの依存度が高いです。
使わない日はないほど。
スマホじゃダメなんです。

昨日もいつものようにブログ記事を入力していたところ...
「?」
動きがものすご〜く遅い!
そうこうしているうちに、どのソフトも動かなくなってしまいました。

結局、初期化して必要なソフトを再インストールしなおすことに。
ちなみにこの記事は古いパソコンを使用して作成しました。

ここで、私にとってはとてもつらい出来事が...
バックアップができないまま初期化せざるを得なくなりました💦

まさか2017年に購入したパソコンが壊れるとは思わず、
必要なもののバックアップを怠っていた私。
その罰とばかりに、必要なものはすべて水の泡と消えてしまいます
(;O;)

過去の経理データやヨガスタジオ・ククル関係処理のことを思うとクラクラします。

にしても。
宮古島に移住してから8年目。
その間壊れたパソコンは何台になることやら...
2年と寿命が持っていないような気がします。
こんなに寿命の短いパソコンが続くのって何が原因なのか。
何か特別な磁気でも発生しているのでしょうか....
今のところ、原因不明です。
posted by MIKA at 16:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

ヨガ前の食事について

昨日のパワーヨガレッスン中に、ご参加されているうちのお一人から
「さっき、レッスン直前に食事をしてきてしまいましたが、大丈夫でしょうか?」
との一言がありました。

初回ご参加時からの注意事項で
「レッスンにご参加する時には空腹で」とお伝えしているのですが、
昨日は空腹に耐えきれず食べてしまったとのご連絡でした。

ちょうど、肩立ちのポーズをやろうとしていたところだったので
事前に申請していただいてよかったです☆

逆転系のポーズは、胃の位置も逆転しているので
食べ物が逆流しては大変!
急きょ、他のポーズに変更しました。

原則は空腹ですが、この方のように空腹で耐えきれない場合は
ストレスを感じる前に食べてしまいましょう。
※ただし肉などヘビーなものではなく
果物とかヨーグルトとか、胃に負担のないもので。

そして、その場合「食事してきました」を教えていただくことが重要です。
満腹でもできるポーズを探します★

<ヨガは原則空腹の理由>
●ポーズをとることによって、気持ち悪くならないようにするため。
●内臓まで効果を届かせるため。
●消化するために血流が胃腸に集まっているので、注意力が散漫になりやすいため

<何時間前に食事を終えているべき?>
「ヨガの前2時間は食事をしない」という説をよく目にします。
一般的な食事の消化時間程度ということですが...

ヨガの種類によってもこの食事前の数値はバラツキがあります。
たとえばアシュタンガヨガの時には「8時間前に食事を終えていること」と言われました。
実際、激しく動くアシュタンガヨガでは、全くお腹の中に入っていない状態で行う方が楽でした。

また食べ物にもよります。
ヨーグルトや果物などと、お肉では消化に要する時間が異なるので、
開けるべき時間も異なりますね。

インストラクター研修では8時間ということもあり、ランチの時間もありました。
その場合、午後からのレッスンに響かないように
ゼリー飲料を摂っていました。

レッスンに受講される方、ご参考に(*^-^*)

明日23日(土)
10:30〜11:30 ストレッチ・ヨガ
12:00〜13:00 パワーヨガ
13:30〜14:30 ダイエットヨガ
全てのレッスンに空きがあります★

お申込みお待ちしています♪


posted by MIKA at 14:49| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

植物園の宮古馬

レッスン終了後に少しドライブ🚗
植物園の宮古馬に会ってきました。

15218.jpg

91128.jpg

宮古馬
日本在来馬8馬種のひとつで、1991年1月16日に沖縄県の天然記念物に指定されている。』
(参照元:Wikipedia)

こんな貴重な存在なので、さぞや大切に・大切に保護されているかと思いきや。
最近報道された、ビックリするような過酷な境遇に胸を痛めていました。

コチラに詳しい記事が掲載されています。
「宮古馬虐待が全国に知れ渡った日、無残にも放置された仔馬の死」
2018.12.21
『週刊SPA!』宮古馬取材班
https://hbol.jp/181720

植物園の馬は下の注意書きにもあるように
次の飼育先が決まるまでの一時保護としての飼育だそうです。

一時的とはいえ、保護されて良かったと思います。
皮膚の状態等は、あまり良い状態とは言えませんが、とても落ち着いていました。

お腹が空いていたようですが、この注意書きによるとエサは与えてはいけないとのこと。

91129.jpg

とても近くに寄ってきてくれたのですが、
触ることもしてはいけないので、ただ励ましの言葉だけかけて後にしました。
穏やかな目がとても癒されます。
ナデナデしてあげたい!!
でもダメなので、我慢我慢。

観光客の人とかが集まるこの場所なら
ふれあい体験や乗馬体験等をすれば、この先も飼育するだけの収益も見込めるのでは?
とも思うのですが、そういったことも検討済みでのこの処置なのでしょうね。

宮古馬は宮古島の宝。
宮古島市全体で大事にしていきたいです。
納めている住民税、宮古馬のために使って欲しいです!!

posted by MIKA at 18:48| 宮古島の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする