注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2018年09月07日

ハーバード大学教授が厳選!最も体にいい習慣ベスト5

電子ニュースで見つけた記事からです。
書籍『ハーバード医学教授が教える健康の正解』
(サンジブ・チョプラ、デビッド・フィッシャー著)
によると、

「ビッグファイブ」と呼ぶ5つの習慣は
・コーヒー
・ビタミンD
・運動
・ナッツ
・瞑想

コーヒーを飲み、正常範囲内で高めのビタミンD濃度を保ち
定期的に運動し、一日数分瞑想し、一掴みのナッツを食べる習慣がとても良い
と著書は確信しているそうです。

ただし全ての人に良いというわけではなく、
ナッツアレルギーやコーヒーの飲みすぎでの不眠などは要注意です。

『大多数の人はこのビッグファイブを日課にすることで
健康を大いに増進、維持、さらには寿命をのばすことさえできる。』
とのこと。

このビックファイブを実践する簡単な例も挙げられています。
『気持ち良く晴れた日には、お気に入りの喫茶店まで早歩きしましょう。
コーヒーを味わい、小腹がすいたら一掴みのナッツをどうぞ。
これで運動をし、日光を浴びて体内でビタミンDを合成し
コーヒーを飲み、ナッツを食べたことになりますよ。』

ビッグファイブのうち、
ビタミンDは具体的にどうすべきかイメージできなかったのですが
”日光を浴びて体内で合成”がとても参考になりました。

今の私に足りないと思われるもの→ビタミンD!
自宅が職場でもあるので、ほとんど外を歩くということが無くなってしまいました。
ビタミンD、かなり不足していそうです。

あとは毎日の中で摂取できているようです◎
ヨガに出会わななければ、運動と瞑想は無縁だったかも
(*^-^*)
posted by MIKA at 17:52| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする