注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2018年02月26日

体の硬い人ほど早くヨガを始めて欲しい・継続して欲しい(*^_^*)

昨日レッスンにご参加された方にはお伝えしましたが
大事なことなので、このブログでも。

現在、伊良部公民館で市民ヨガ講座の講師をしていますが
毎回思うのは、いかに体のメンテナンスが大切かということ。

ご参加された方のうち、ご高齢の方は
腰痛や膝痛などどこかしらの痛みを抱えていて、
ほとんどの方は体がとっても硬い方が多いです。

体が元々硬い方は、ストレッチが大嫌い
なので、
ストレッチをしない→さらに体が硬くなる
→硬い部分に引っ張られて体が歪む
→歪んだ体で日常生活やスポーツを行うので
怪我をしたり腰痛や膝痛、肩痛、股関節痛などを起こしてしまう
→動けないので、さらに体は硬くなる

という悪循環が長年に渡って積もり積もっているかのよう。

ヨガの各ポーズを始める前にはまず体を温めた方が良いので
ウォーミングアップをいろいろ試してみましたが
お尻歩きでも痛みを感じてしまうので、1往復もできなかったりします。
そして、その後のポーズが全くできなくなってしまうことも。

腰痛を始め、体のマイナートラブルに対しての
改善・予防ポーズを各種ご紹介するのですが
できるのは、若い方や健康な方のみ。

長年固まった体や痛い箇所がある方は、改善になかなかつながらないのがもどかしいです。

なので。

今、健康な方は少しでも早くヨガを始めて欲しいです。
「体が硬い」を自覚している方はなおのこと!
その硬い体のまま年齢を重ねてしまわないことを切に願います。
そして、思い切ってヨガを始めた方は
無理の無いペースでかまわないです。
とにかく継続して欲しいです。
止めてしまって、また元通りに戻ってしまうともったいないです。

体は丁寧にメンテナンスすることで、
きっと応えてくれるはず。

冒頭でご紹介したご高齢の方々も
あきらめずに毎週ご参加していただくうちに
「前屈して床に手がついた!」
とか
「正座してもつらくなくなってきた」
「あぐらの姿勢ができるようになってきた」
など、続々と嬉しい成果を教えてくださいます。

今、始めようかどうか悩んでいる方、
まずは体験レッスンにご参加してみてくださいね。

特に体の硬い方、元々体の硬かったインストラクターが
「これならできる!」と思える柔軟性向上のポーズをお伝えします♪

※ただし、医師より運動を止められている方
激しい痛みのある方は、まずはお体の回復を優先させてくださいね。
ヨガスタジオ・ククルのヨガはあくまでも健康なうちに行うものであって
「治療」ではありませんこと、ご理解ご了承願います。

*
posted by MIKA at 12:23| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする