注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2018年02月10日

キャンセル連絡:ぜひ「やむを得ない」感を...

ヨガスタジオ・ククルをオープンして6年目。
ご利用くださる皆さまのご協力により
スタジオ運営はとても順調になりました。

開業当初に多かった
無断キャンセルや直前キャンセルも今ではすごく少なくなりました。
特に無断キャンセルについては、月に1回あるか無いか....
まで激減したこと、本当に助かります。

直前キャンセルについても、かなり減りました。
当日キャンセルはまだまだ多いですが...
これは、もう受け止めるしかなさそうです。

いずれにせよ、どの方もきちんとご連絡をくださるので
レッスンの準備やキャンセル待ちの方へのご案内などが
スムーズにできるのでとても助かっています。

このキャンセルご連絡のパターンには大きく分けて2種類あります。

(1)キャンセル理由一切無しで、たった一言「今日、キャンセルします」だけの方。

(2)キャンセル理由を丁寧にご説明してくださる方
例)「突然の来客により、どうしても時間がとれません。
今日は残念ですが、キャンセルします。申し訳ありません。」

やはり(2)のご連絡は好感度があります。

(1)のようなご連絡だと、ヤル気がなくなってしまったのか
安易にキャンセルされているのか、いろんな意味で心配してしまいます。
こういったキャンセルをされる方の場合、
次回のご予約が入っていない場合が多く、
そのままフェードダウンしてしまうパターンが多いので...
そういった意味でも心配になるのです。

せっかく始めた習い事であれば、少しでも継続して欲しいし、
そのためにできるサポートがあれば、取り組んでいきたいです。

「心配させるのがイヤ」ということで体調不良でも理由を言わない方もいますが、
やはりその場合でも簡単な理由をお伝えして欲しいのが本音です。

キャンセルをするようなお忙しいときや、体調不良のときに
ご連絡をくださるのは本当にありがたいことなのだと、感謝しています。
ただ
キャンセルの理由はどのような理由であれ、スタジオ運営上にとても参考になります。
ぜひ、この点もご協力いただければさらにありがたいです。

(1)のパターンは寂しいです。
キャンセルされる側としては、やはり「やむを得ない」感...欲しいです。

多い時には10人以上もの方からキャンセル連絡を受ける身として
ちょっと、ワガママを吐露してみました(^-^;

明日ご参加予定の皆さま、無事にご参加できますように☆

明日は10:30〜11:30 ベーシックヨガに空きがあります!

posted by MIKA at 18:44| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする