注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2018年02月03日

ヨガレッスンでの質問:お腹の意識を保ち続けるのが難しい

市民ヨガ講座では、
レッスンの休憩時間にご参加の方々の間を
ぶらぶら歩いています。
お傍近くに座っている方に
「何かわからないことはないですか?」
と聞いてみると、たいていの方がなんらかの質問をくださいます。

レッスン中に「質問のある方は?」
とお聞きしても、手を挙げる方は稀ですが
個々にお聞きしてみると、いろいろ疑問に思っていることがお聞きできます。
先週の記事にも書きましたが、
ご参加している方からの質問を受け、
そして回答することは、とても勉強になります。

昨日の講座でもいくつか質問をいただきました。
その中の一つが今日のテーマです。

いつも私はレッスン冒頭で
「お腹・お尻・尿道の引き締めを意識し続けて...」
とお伝えしています。
このことで、体がしっかり安定するからです。
逆にこれらの力が抜けていると、グラグラと不安定になり
背骨・腰・股関節・膝などに負担がかかってしまうことも。

昨日のご質問では
「お腹・お尻・尿道に力を入れ続けたままでは、思うように体が伸びません⤵」
というものでした。

私からの回答では
「難しいのであれば、その意識はいったん手放しちゃいましょう」
でした。

ストレッチヨガでは、
・「今どこを伸ばしたいのか、伸びているのか」の意識と
・呼吸が荒くなったり止まったりしていないこと
の2点が特に大切です。

その時に、「お腹やお尻・尿道に力を入れ続けていなきゃ...」
の意識のあまりに、余分な力が入ってしまうと、
伸ばしたい部分は思うように伸びてくれません。

慣れるまでは、そういった意識はいったん置いといて大丈夫だと考えています。
(指導者の先生により意見は変わると思います)

だんだん慣れてきて気持ちの余裕が出来たら、
少しずつ意識を足していけばよいと思います。

そして、立って行うポーズや膝立ちの姿勢の時に
”グラッ”としたら、この引き締めを思い出してもらうと
「体の安定にはこういった意識が重要なんだなぁ」
を実感できると思います。

グループレッスンでは初めての方からある程度慣れた方まで
いろいろなレベルの方がご参加されます。
なので、慣れた方にはさらに深めていただけるよう
お伝えすることも多くなりますが、
慣れないうちは、私がお伝えするもののうち
取り入れやすいものから取り入れていただければ充分です☆

難しいことは無理せずに、
とにかくヨガの時間を楽しんでいただければOK[です
(*^-^*)

posted by MIKA at 18:34| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする