注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2018年01月31日

健康なうちに健康維持対策を:ヨガで免疫力向上!

全国的にインフルエンザが警報レベルになっているとか。
宮古島でも増えてきているようです。

そしてヨガスタジオ・ククルの会員の方にも!
先週あたりからレッスンのキャンセルが多くなっています。
ご本人は元気だけれど、ご家族が罹患した方や
ご家族を看病しているうちにうつってしまったという方も...

本日
ストレッチヨガでは8名様ご予約のうち
5名様が体調不良によるキャンセル!
次のレッスンでもご家族の方が体調不良でお休み。

そして夜ヨガはなんと10名様もキャンセルが出ました
(-_-;)
全ての方がインフルエンザでは無いようで、
それ以外の体調不良もあるようです。

体調不良によりキャンセルされる方にはある特徴が。
・レッスンキャンセルの多い方
・キャンセルが連続している方
・ご参加頻度の少ない方
・お久しぶりのご参加予定の方

以前にも何回かこのブログにも書きましたが
こういった条件の方が多いようです。


そして、定期的にレッスンご参加が継続されていて
ヨガの習慣が身についている方ほど、
ほとんど体調不良によるキャンセルがありません。
もし体調不良になっても、軽症であったり回復が早いようです。

常連の方でも、数回キャンセルが続いた後
しばらくぶりでのご参加の際には体調不良になる方が多いです。

「たまたま・偶然」の場合もあるかと思いますが、
やはりヨガでの免疫力向上効果は見逃せないです。

・ヨガの深い呼吸によるリラックスでストレス軽減
・リラックスすることで、細胞レベルで元気に
・ストレッチ効果のあるポーズで血行促進
・体内の温度も上がるので、内臓も元気に
・内臓が元気になることで栄養を逃さない
などなど...

ヨガはこのような理由により免疫力向上効果があると言われています。

健康な人は健康なうちに、ヨガで免疫力向上して
健康な状態を維持していきたいですね♪

本日の夜ヨガでも
深い呼吸でリラックスし
疲労回復、ストレス改善、血行促進、冷え性改善、内臓活性化、安眠
などの効果のある内容で、免疫力向上を目指していきます☆

現在満員ですが、キャンセル待ちの方はいません。
また、明日のレッスンは2レッスンともに空きが充分にあります。

ご希望の方のお申込みお待ちしています
(^O^)/

posted by MIKA at 17:12| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

CAが困っている25の迷惑行為:ヨガもランクイン

MSNニュースより、興味を持った記事
「あなたも知っておいた方がいい実はCAが困っている25の迷惑行為」
https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/あなたも知っておいた方がいい、実はcaが困っている%EF%BC%92%EF%BC%95の迷惑行為。/ar-BBIq38P?li=BBfTjut&ocid=spartandhp#page=2

国内外の移動に飛行機を使う場合は、
CA(キャビンアテンダント)さんのお世話になります。
女子の永遠のあこがれの職業でもありますが、
海外には男性のCAさんも多いですね。

いつもにこやかに、てきぱきとお仕事をされるイメージのCAさんですが
乗客に止めてほしいと思っている本音もあるそうです。

詳細は実際の記事を見ていただくとして、ここでは項目のみご紹介を。
*
(1)座席の上の棚からやたら出し入れ
(2)自分の荷物の管理ができない
(3)裸足で歩き回る
(4)壁に足をかける
(5)足の爪を切る
(6)離陸体制に入ってもトイレから出てこない。
(7)シートベルト着用のサインが出ているのにトイレに行く
(8)安全のための情報を無視する
(9)持ち込んだお酒を飲む
(10)挨拶も返してくれない
(11)ヘッドフォンを耳にかけっぱなし
(12)指を鳴らして呼ぶ
(13)ペンを借りる
(14)タイミングが悪い
(15)コーヒーに砂糖とミルクがいるかどうか、あらかじめ言って欲しい
(16)「飲み物は何がありますか?」と聞かないで欲しい
(17)注意をひくために体を触らないで
(18)大した用じゃなければ呼ばないで
(19)スマホなどでアダルト作品の鑑賞はしないで
(20)通路でヨガをしないで→やるなら自分の席の迷惑のかからないところで
(21)イライラをぶつけないで
(22)全てを知っているわけじゃない
(23)食事のチョイスが無くて大騒ぎ
(24)上のキャビンに潜入!
(25)無料のドリンクを大量に頼む
*
項目(20)通路でヨガをしないで
笑ってしまいました!!
そんな人がいるんですね。
エコノミー症候群を防ぐためにも体を動かしたい欲求が出るとは思いますが...
通路をふさいでのヨガは避けましょうね☆
席に座ったままでのストレッチを紹介している航空会社もあります。
*
あと(14)タイミングが悪いと(18)大した用じゃなければ呼ばないで
逆に私はこう思われるのが嫌で、
呼び出しコールは押したことが無いです。

食事が終わり、映画タイムや就寝タイム時
CAさんが通路を歩いているときに、
目が合えばリクエストをそっと申し出る小心者です
(^-^;
posted by MIKA at 14:58| 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

深イイ話:トクな人生・ソンな人生

市民ヨガ講座でお世話になっている、
伊良部公民館のお手洗い壁面には
色んな「深イイ話」が掲載されたプリントが掲示されています。

その中で今日はこのタイトルのものに惹かれたのでご紹介を。
20180126_093849.jpg

トクな人生ソンな人生
心の声を聞く世間の声を聞く
信じて一歩を踏み出す計算して保険をかける
もくもくと事実を積み重ねる 頭の中で負のドラマをつくる
うまくいくのは誰かのおかげいやなことは人のせい
人とは役割が違うだけ人との上下を気にする
いつだってココ一番ここではないどこかを求める
今を味わう先を争う
自分で調べる人の情報に踊らされる
やりたいことだけ考えるやりたくないことだけ考える
いつも未知への疑問だらけもう全部わかったつもり
目を開けている目を背けている

あぁ、反省すべき点がいっぱい!!
(^-^;


posted by MIKA at 18:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

ヨガでは目線も大事

市民ヨガ講座受講の方から、先日こんなご質問をいただきました。

「それぞれのポーズで、どこを見るか目線をお伝えされていますが
目をつぶっていてはダメですか?
先生の声を聞いていると眠たくなってしまって...
でもヨガはやりたいので、目を閉じながらできれば良いな...
と思います♪」

「ヨガのレッスン中に眠たくなる」
良く聞きます!
ヨガスタジオ・ククルでも、シャバアサナでは
軽くイビキも聞こえるぐらい、熟睡の方もいらっしゃいます。
眠たくなるのは、それだけリラックスできているので
良いことだと思います☆

ヨガでは目線も大切な要素です。
それぞれのポーズでの目線をお伝えするのは、
目線によって首の角度・背骨・腰の角度、伸び感、呼吸など
いろいろなものが変わってきます。

これがわかりやすいのは、キャットポーズだと思います。
目線が上の時には、お腹・胸・ノドが気持ちよく伸び
目線をオヘソにしたときには、背骨が丸くなるので
腰・背骨が気持ちよく伸びます。
目線によって、の変化を実際にお試しいただくと、わかりやすいです。

この目線によって、体の各部位の形が変わることで
ポーズの効果も異なってきます。
私が、個々のポーズで目線もお伝えしていくのはこのためです。

ヨガの指導者や達人を目指しているのであれば、
厳密さも求められるかも知れませんが、
趣味としてのヨガであれば、まずはご自身優先です。

目を閉じながらやることで、リラックスしながら楽しめたり
集中力が向上するかも知れません。
立位片足バランスのポーズで目を閉じながらやるのは、
かなり難しいですが、目を閉じてチャレンジもOKかと思います。
目を閉じることで、バランス力はさらに必要とされるので
体幹の強化にはピッタリなのでは!


結論☆
無理に眼をこじ開け続けなくても良いと思います。
目を閉じたままやる方が気持ち良ければそれはそれでOKと思います。
ご自身の心と身体が応えを導いてくれるはず
(*^-^*)

posted by MIKA at 14:49| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

ヨガの吸う息で行う動作と吐く息で行う動作は逆になってもOK?

ヨガを行うとき、呼吸は最も重要な要素の一つとなります。

レッスンでお伝えするときには
「吸いながら両手を大きく外から上に挙げて〜...」
とか
「吐きながら深〜く体を前に倒してみます...」
などなど。
常に動作に対しての呼吸をお伝えするようにしています。

この呼吸と動作を連動させることで、
とても動きやすく、疲れを感じることなくヨガを楽しむことができます☆

先日
「吸う息で行う動作と吐く息で行う動作
逆になっても大丈夫ですか?」

というご質問をいただきました。

結論から言ってしまえばOKです。
ただし、それぞれの効果が異なってきます。

吸う息の時には肋骨が上にあがるので、
例えば手を上に伸ばす動作はとてもやりやすく、心地よさを感じやすいです。
これを逆にして、
吐く息の時に手を挙げると、肋骨の動きとは逆になるので
とたんに手は重たく感じます。
この重たい手を”あえて”持ち上げることで、ご自身の手の重さが負荷となり、
筋トレ効果がでてきます。
二の腕引き締め・シャイプアップを目的にする場合にはこの呼吸の方が効果的です。

吸う息の動作・吐く息の動作
どちらも正解の代表的なものの一つにキャットポーズが挙げられます。

指導者によっては
(1)吸う息で背中を丸め、吐く息でお腹を床に近づけます。
の人と
(2)吸う息で目線を上に、吐く息でおへそを見ます。
の人がいます。

同じ指導者であってもヨガの時間や目的、求める効果・伝える対象者
...等々の違いによって、呼吸を逆にする場合があります。

(1)はリラックス重視、お腹の力は抜けた状態でも行えます。
(2)は吐く息の時に、特にお腹の力で背骨を持ち上げるので、
腹筋力向上効果が期待できます。

私自身も(1)と(2)は使い分けしています。
ただ、腹筋力をつけていきたいので(2)の伝え方の方が断然多いです。

このように、私がお伝えする呼吸と動作は
そのレッスンにおいて、それぞれのポーズの効果を深めやすい
ようにお伝えしています。
が、そのことにとらわれ過ぎる必要もないと思います。

どうしても違和感があれば、ご自身の呼吸で行っても問題ないです。
吸う息と吐く息が逆になっても、先に挙げたように
リラックスできるのか、シェイプアップになるかの違いのように
どちらでもそれなりの効果があります。

大事なのは「呼吸を止めないこと」
呼吸が荒くなったり・止まったりになってしまうポーズは
ご自身にとって、寛がないものになってしまっている可能性があります。
ゆったりとした呼吸が継続できる程度の強度で
ヨガを楽しんでいただきたいと思います。
(*^-^*)

posted by MIKA at 18:38| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

市民ヨガ講座「ヨガで心地よく」(3)

伊良部公民館での市民ヨガ講座3回目を行ってきました♪

3回目とあって、少し慣れてくてくださったのか
レッスン前に、わざわざ近くまで来てお話してくださる方が
何名か出現してきました!!
インストラクターに対して親近感が出ると、さらにリラックスできるはず☆
受講者の方と雑談することで、私もリラックスできます
(*^-^*)

<今日の内容>
1.ストレッチヨガ(10:00~11:05)
(1)ウォーミングアップ
本日は寒いので、お尻歩き・カエル歩きで
まずはしっかり体を温めました。

以下(2)(3)(4)は前回とほぼ同じです。
(2)仰向けポーズ
(3)上半身のストレッチ
(4)下半身のストレッチ

10分休憩&質問タイム

2.ベーシックヨガ(11:15~12:00)
(1)四つん這い状態でのポーズ
キャットポーズ、易しいタツのポーズ、片手片足て行うキャットポーズなど
これもほぼ前回と同じです。
(2)立位ポーズ
ふくらはぎ・アキレス腱ほぐし、
今回は新しく戦士のポーズ2、体側を深く伸ばすポーズを行いました。
立位バランスはツリーポーズを行いました。

ヨガ初心者の方が多いので、ポーズ構成はあまり大きく変えません。
「前回やったのと同じだな」
と思うことで、動きがスムーズになり
さらにポーズも深めやすくなります。

少し慣れてきたポーズを行うことで、リラックス効果もでるようです。
今日はどの方も余分な力が抜けていたような気がします。

ヨガスタジオ・ククルと異なり、ご年配の方が多いため
腰痛・膝痛・股関節痛・肩痛...
など、痛いところがある方が少なくありません。

なので、全てのポーズに対して
「これがつらい方は...」の場合の軽減ポーズを
かなり意識してお伝えしています☆

いつもと違うお顔触れの方とのコミュニケーションは
また新たな気づきがあります。

呼吸のことや目線のこと、基本のご質問をいただくと
私自身、その回答をすることでとても勉強になります。
回答したあとで、
「ああいえば良かった!こう言えば良かった!
もう一言説明を補足しておけば良かった!」
の反省もあります💦
ご質問に対する回答内容が頭の中で洪水のように出てくるのですが、
それをそのまま言うと、それだけで長時間使ってしまいます。
あらゆる質問に対して
回答内容をコンパクトに・分かり易くまとめるのはまだまだ訓練しないと!


この反省点は日々に活かしていきたいと思います☆

明日からはまたヨガスタジオ・ククルでのレッスンです!
明日はストレッチ・ヨガが人気です。
ご希望の方は、キャンセル待ちでの受付になります。
当日キャンセルが出ることも多いので、あきらめずにお申込みお願いいたします♪

パワーヨガやダイエットヨガは充分な空きがあります。
運動不足の方や、ストレス発散したい方、お正月太りからの脱出をしたい方
ぜひご参加お待ちしています!

posted by MIKA at 16:44| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

「あれ?レッスンではできたのに!」

昨日夜ヨガにご参加された方との雑談で。

この方は土曜日のダイエットヨガにもご参加くださいました。

その時に行ったポーズのうち、
「このポーズはとてもシンプルなので、ぜひご自宅でも練習してみてくださいね」
とお伝えしたものを、ちゃんと実施してくださいました☆

ところが!

スタジオ内でやると出来たポーズが、ご自宅でやると全くできなかったそうです。
「なぜ、あの時できたんだろうと、不思議で...」
とのことでした。

こういうこと、よくあります!!
なにせ、ヨガスタジオ・ククルは
漲水御嶽さん・宮古神社さんに守られたパワースポットですから!!
...かどうかはさておき♪

これぞ、グループレッスン・マジックとでもいいましょうか...
(*^。^*)

一人で練習して出来ないことが
グループレッスンだと出来るということがよくあります。

ヨガを好きな人同士が集まる空間は、
なんとなく相互に良い効果をもたらしてくれるような気がします。

隣の人が頑張っているので、
無意識にご自身も頑張ることができるのかもしれません。

グループレッスンならではの良さですね☆







posted by MIKA at 17:55| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

隠れインフル要注意(=_=)

「隠れインフルエンザ」(隠れインフル)
最近、知った用語です。

インフルエンザ特有の高熱等の症状が出ず
微熱や鼻水程度でも、検査をしてみたら
実はインフルエンザに感染していた
というもののようです。

「私って、インフルエンザにかかったことないの」
という人も、症状が出ていないだけで
実際には感染していた可能性があるらしいです。

この隠れインフルの人は、自覚症状が軽いので
自分自身が感染しているとは気づかずに
どんどんと周りの人に感染させてしまうらしいです。
感染した人も隠れインフルになるわけではなく、
高熱など、通常のインフルエンザの症状が出る場合があります。

隠れインフルになっている人に接触するのも怖いですが、
自分自身が隠れインフルになるのも怖いです。
予防接種はしていますが...

この時期、栄養あるもの食べて、たっぷり睡眠とって
手洗い・うがい入念にしないとですね。

そして当分マスク姿でレッスンいたします。
なにとぞご理解ご了承を!!
(;´∀`)

posted by MIKA at 16:27| Comment(0) | ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする