注意事項(ブログ情報の取り扱い) 当ブログの記載内容は管理人の備忘目的で掲載しており、読者への技術指導やテキストではありません。参考になさる方は指導者の資格を持つ方のもと、自己責任にて本ブログの情報をお取り扱いください。したがいまして当ブログの内容によって生じた一切のケガ、障害他のあらゆる問題に関して当ブログ管理人は一切の責任を負いませんこと明記いたします。

2019年05月27日

ヨガスタジオ・ククル:どの場所でレッスンを受ける?

ヨガスタジオ・ククル内はこんな感じで縦長になっています。
97864.jpg
レッスン直前、マットを敷くとこんな感じです。
97865.jpg

レッスンにご参加する方は、到着した方からお好きな場所を選んでいただきます。
※マタニティの方は、インストラクター直近の場所に固定させていただいています。

大きく分けて好みは
インストラクターの近く(写真左側)か
インストラクターから一番遠い奥の方(写真右側)窓際です。

中には、「自分の姿を映したくないから」と鏡を避ける方もいらっしゃいます。
が今のところ、一番人気はスタジオ奥の窓際です。

「後ろに人がいると、なんとなく恥ずかしい」
「落ち着く」などが理由だそうですが、
一番奥の場所には、この場所でレッスンを受けた方しか感じたことの無い特典が!
それは、実に気持ちの良い風が入ってくるのです◎

スタジオ内どの窓からも、けっこう気持ちの良い風が入ってくることが多いですが
特にスタジオ後ろの窓からは、極上の風が入ってきます✨

レッスンの合間の清涼剤になりますね♪

ところが!一番奥の場所は、こんなデメリットもあります。

インストラクターから一番遠いので、
前の人によって、私の姿が見えない場合があります。
なので慣れない方は、一つ前の方をお手本にされているようですが
たま〜に、お手本の方が間違えていたりするので要注意です。

逆に私からも見えない時があるので
その方が正しい姿勢で行っているかどうか、チェックしにくく、補正もしにくいです。

窓を閉めて、エアコンでのレッスンの時には、エアコンの冷気が届きにくいので
一番暑い場所となります。

また、すべての窓にはロールスクリーンで日よけをしていますが
この場所は、真横にガラス窓がもう一つあり、そこから眩しい光&紫外線が差し込んできます。

どの場所も先着順に好きな場所をお選びいただけますので、
ご自身にとって、やりやすい場所をお選びくださいね。

”いつも同じ場所”より、毎回違う場所にすると、脳トレになって良いそうですよ。

そういう、私が受講生の立場の時には、いつも同じ場所。
絶対にインストラクター直近の場所でした!
(*^^)v

posted by MIKA at 15:40| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

キャンペーン終了まであとわずか!:限定発売中のお得なプレミアムチケットご購入お忘れなく

ヨガスタジオ・ククル7周年記念キャンペーン実施中です。
※〜6月9日(日)まで

先着70名様への陶器プレゼントは早々に終了しましたが
プレミアムチケットの販売は、まだまだ実施中です☆

このプレミアムチケットはこんなお得なチケットです◎

<お得1>通常の10回券に無料券が一枚付いています!
→お値段変わらず1万円なので、1回あたりのレッスン料金が約909円という安さに!!

<お得2>通常3か月の有効期限が6か月以上の有効期限に!
→プレミアムチケットの有効期限は2019年11月30日までという長さです。
毎週通うことが難しい方でも、のんびりペースで通えます◎

<お得3>お手元のチケット有効期限も延長できます!
プレミアムチケットご購入の方が、お手元チケットをお持ちの場合
残っているチケットもすべて2019年11月30日まで有効期限が延長されます。

※5月末日、6月末日の有効期限のチケットが残っている方は、
早目のプレミアムチケットご購入で、お手元のチケット有効期限を延ばしておくと安心です◎

※お手元のチケットの有効期限が切れている場合
別途追加料金(1枚当たり200円)必要になります。

「キャンペーン期間中にレッスンを受講できない」という方は
→プレミアムチケットのご購入のみのご来店もOKです◎

「お得なこの機会に”まとめ買い”しておきたい」という方は
→ご購入セット数に制限はありません。
それぞれに無料券が付いているので、
例えば3セットご購入の方は3回のレッスンが無料で受講できます。
定期的に通える方は、ぜひこの機会に”まとめ買い”をオススメします。

プレミアムチケットは、キャンペーン期間中の限定販売です。
キャンペーン期間は来月6月9日(日)で終了します。
この機会をお見逃しなく(^_-)-☆

posted by MIKA at 17:07| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

全国ニュースで懸念!?「楽園が!”宮古島バブル”で開発ラッシュ フェスがキャンセル 家賃高騰も」

今週23日(木)夕方のニュースで宮古島バブルについての報道がありました。
16035.jpg
綺麗な海、青い空の南国の楽園、宮古島が今バブルで開発ラッシュ!

その影響でフェスがキャンセルになるほどに!!

そのフェスとは
16036.jpg
来月6月1日〜10日、JTAドームで開催予定をしていた
16037.jpg
第1回宮古島国際文化交流フェスティバル2019
国内外から約200万団体・1万人超を招待
元フィンガー5の晃さんなど出演予定のイベントでした。

(ところで、JTAドームで1万人も入るんだっけ...)

16033.jpg

原因は
16038.jpg
宮古島での開発激化による資材の高騰

16039.jpg
資材や人手不足で費用が事前見積もりより、かなりオーバーすることが直前で判明!
このため、担当者は止む無く中止を決めたそうです。

聞くところによると、
「払ったチケット代は戻ってこない・払い戻しについて何の説明もない」
とのこと。
テレビ報道の前に、このことを聞いていたので、イベント詐欺を疑ってしまいましたが
実際はどうなのか、何の告知も無いので詳しいことはわかりません。

島民の声
16040.jpg
『建設はラッシュで2年前くらいからすごいです。
いろんなところで...」

きっかけは伊良部大橋の開通。
そこから宮古島へ注目が集まり、どんどん観光客が増え続けています。
2015年には60万人に満たなかった観光客が2018年には約114万人!
16041.jpg

2012年から2017年にかけては宿泊施設は50件増え、客室は550室増えたとか。
16042.jpg

この数字はまだまだ伸びそうな勢いで、今の宮古島はあちこち建築中の物件だらけです。

宮古島の不動産業者によると
16047.jpg
”宮古島バブル”にともない
建築資材・働き手の確保が困難に。

「島外や県外からも大工さんを呼ばないと(工事が)間に合わない状態」
だとか。
16043.jpg

その島外から呼んだ建築関係の人の住まいのために
アパートを(建築)会社が借りているので、家賃が高騰している
という事態に。
物件自体がすごく少なくなっているようです。
16044.jpg

その他、
プライベートビーチ的に坪50万円で土地を購入されたりも。
16045.jpg

家賃の高騰はすさまじく
ワンルーム30u〜40uで11万円〜12万円
これは東京・新宿区と同等の高値だとか。
16046.jpg

こんなバブルの今を、生まれも育ちも宮古島の人はどう思っているか。

賛成派:「建築業から盛り上がるのはいいことだ」

反対派:「ちょっと怖いです。これからどれぐらい続くのか」
16048.jpg

番組では
「バブルが弾けたその先にあるのは、果たして...」
でそのコーナーは終わっていました。

プライベートビーチがあちこちに出来てしまい、入れない海が増えたのは寂しい限り。
そして、人気の居酒屋さんなどは予約がなかなか取れないのも不便。
バブルの恩恵は、ごく一部の人だけが受け、我が家には全く関係ない感じ。

一つ言えるのは、2011年に移住しておいて良かったということ。
今なら、あきらめざるを得なかったと思います。
そして移住当時とは明らかに変化し続ける宮古島。
どうなっていくんでしょうね...(=_=)
posted by MIKA at 18:41| 宮古島の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

『内なる聖地2019〜水の神々〜 ことほぎ舎かわかみつぎこ展』行ってきました♪

本日から開催の上記作品展に行ってきました。

97645.jpg97646.jpg

97647.jpg

展示場所に入ると、癒しの音楽がお出迎え♪
そして、パステル調のなんとも優しい〜感じの絵が並んでいます。

97652.jpg
97650.jpg
97649.jpg
97648.jpg

作者のかわかみつぎこさんご本人もいらっしゃったので、
個々の作品について・作成手法などについてとても詳しく説明していただけました◎

絵が大好きな私、居心地の良い空間に思わず長居してしまいました。
優しくも暖かい絵の数々に、癒された極上の時間でした✨

『内なる聖地2019〜水の神々〜 ことほぎ舎かわかみつぎこ展』
5月24日(金)〜26日(日) 9:00〜16:30
宮古神社さんの休憩所内で開催中です。

ヨガスタジオ・ククルの目の前なので、レッスン終了後にぜひ(*^_^*)


posted by MIKA at 18:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

ヨガの効果を妨げるレッスン中の習慣チェックリスト

昨日5月22日の記事では
今日はレッスン中の習慣をチェックしてみます。

□レッスンに集中していない
「レッスンが終わったら、何を食べようかな〜」
「明日の予定は何かあったっけ?」
などなど。
レッスンの最中に上の空だと、効果は表れにくいです。

高すぎる室内温度・湿度も集中力は途絶えがち。
どうしても集中力が保てない場合は、エアコンで温度・湿度調整を行うのも一つの方法かと思います。
もうろうとした意識の中でヨガをやることはオススメしません。

自宅ヨガの場合
ヨガに全く関係の無いテレビ番組を見ながらのヨガもあまりオススメしません。

□ネガティブ思考・否定する
「どうせ、効き目はないんでしょ」
「私には無理!できない!」
そのように思うこと。ましてや口に出すことで、
どんどんヨガの効果から遠ざかっていくように思います。

ぜひ「きっとできる」とか「気持ちいい!」とか「説明があった、効果が実感できる!」
などの、前向きな思考で!

□他の人を気にしている・比較している
個々のお顔が違うように、柔軟性・関節の向き・体力などもひとそれぞれ。
隣の人に負けないように、強度を無理に上げても本来の効果が得られません。

□呼吸が止まっている
ハードなポーズを無理に行ったときなど、呼吸が止まっている場合があります。
呼吸とともに、気の流れやエネルギー、血流も滞りがち。
体の隅々まで、ヨガの効果を届けるには呼吸が必要です。
(但し、場合によっては呼吸を止めるものがあります。指導者に従ってくださいね)
 
□正しい姿勢で行っていない
集中していない場合や他の人と競争意識が強すぎるときには、
正しい姿勢になっていないことがあります。

ポーズをとる時にお伝えした、目線・呼吸のタイミング・今どこが伸びているか・どこが強化されているか
体としっかり向かい合っていくことで、正しい姿勢に近づきます。

レッスンの時に、「はたして自分の姿勢は正しいのだろうか?」と疑問を抱いたときには
ぜひ、インストラクターを呼んでください。
恥ずかしがる必要はありません。
他の方への参考となったり、インストラクターのスキルアップにもなります。

*
改めるのが難しい項目・すぐに改められる項目がありますが、
これらのことを意識するだけでも、ヨガの時間の質が変わっていくように思います。

せっかくお忙しい貴重な時間を捻出して、参加したヨガの時間。
どうせなら、効果の出る時間にしていきたいですね
(*^_^*)
posted by MIKA at 17:03| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

ヨガの効果を妨げる生活習慣チェックリスト

「ヨガの効果が、いっこうに効果が表れない!!」
という方もいらっしゃるかと思います。

もちろん、ヨガの効果には個人差がありますが、
生活習慣の中でもヨガの効果を妨げていることがあります。

そんなチェックすべき生活習慣をまとめてみました。

□食事のバランスが取れているか
 不規則な食事、偏食、栄養のバランスをチェック

□活動と休息のバランスは取れているか
 過労になりすぎても、活動不足・運動不足になり過ぎても体調は不調になりがち

□睡眠のバランスは取れているか
 睡眠不足・睡眠過多どちらも不調の要因になりがち

□質の良い睡眠がとれているか
 背骨を歪める原因となるマットや合わない枕の使用
 浅い眠りだけになっていないか

□靴は自分に合ったものか
 高いヒールや重たい靴、サイズの合わない靴、踵のない靴など
 靴が及ぼす影響は以外に大きいものです。
 中には腰痛の原因になることもあります。

□薄着や厚着をしていないか
 体を冷やすことは万病のもととなります。
 厚着をすることで、汗をかき、反って冷えを招くことも。

□薬の影響
 体の自然治癒力を抑えてしまう場合も否定できません。

こう、列挙してみると、何かしら心当たりのあるものがあることも多いと思います。
持病があると、薬を止めるわけにはいきませんが、
ご自身にとって改善しやすいものから、改善できるとまた新たな進化を感じれるはず
(*^_^*)


posted by MIKA at 05:00| ヨガのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

ご予約当日はご参加の可否を必須とさせていただいています

ヨガスタジオ・ククルは完全予約制とさせていただいています。

理由は
(1)ご参加人数に合わせたレッスン内容をお伝えしているため
(2)ご参加人数に合わせたマット準備を行っているため
(3)キャンセルになった場合、いち早くキャンセル待ちの方にご連絡するため
(4)ご参加予定の方が時間前に揃ったら、早い時間でもレッスンを開始できるため
(5)ご参加予定の方が揃ったら、セキュリティ上施錠するため

などの理由によります。
特に(3)の理由により、
一人でも多くご希望される方がレッスンに参加ができるようにご協力いただいています。

他の自営業の方から、「予約制って大変でしょう?」とよく聞かれます。

確かに。8年目に突入してもまだまだ運営には悩み多しです。

数年前から、当日のご予約確認・ご参加可否の返信を必須にさせていただいたので
オープン当初より、各段に直前キャンセルや無断キャンセルは減りました。
とはいえ、
満員でキャンセル待ちの方がいらっしゃる時に限って、発生するが悩みです。

どうしても体調不良や寝過ごしの方は直前でのご連絡になったり、
ご予約を忘れている方は、こちらからの予約確認メッセージに気づかない場合も。

困ってしまうのは、ご予約確認メッセージに返信が無い場合で、
さらに当方からの電話もつながらない場合。
その方が、レッスンにご参加されるのか、無断キャンセルになってしまうのか。
この見極めが難しいです。

ほとんどの場合は、そのまま無断キャンセルになってしまうことがほとんどです。

ところが、こんなこともあります。

携帯を機内モードにしていて、予約確認メッセージに気づかず
当方からの電話もつながらなかった方が
「自分が予約していたのは覚えていたので、スタジオに来ました」
ということがありました。

この時には、てっきり無断キャンセルかと判断してしまい、
キャンセル待ちの方に入っていただいたので
完全にオーバーブッキングとなりました。

ご参加いただけて、嬉しかったのですが、マットが足りず、敷く場所が無い!

止む無く、本来私がマットを敷いているところに入っていただき
私は基本立ったままでお伝えし、事なきを得ました。

その反対のことが、つい先日もありました。
予約確認メッセージに返信が無い・電話もつながらない。
いつもは、きっちりとご参加される方だったので、
上記のようにオーバーブッキングになってしまうことを懸念して
キャンセル待ちの方をお断りしました。

でも、結局無断キャンセルになってしまいました。
ポツンと空いた無人のマットはそのまま....

レッスン後にやっと連絡が取れましたが、
職場に電話を忘れてキャンセル連絡ができなかったとのことでした。

このように
無断キャンセルになってしまうのか、ご参加していただけるのか...
ヨガの穏やかな時間とは反対に、予約管理はバッタバタです(~_~)

※回数券をお持ちで無い方、体験の方は
レッスン1時間前でもご参加可否の返信が無い場合は
ご予約が取り消しとなりますので、ご注意願います。


posted by MIKA at 08:12| ヨガスタジオ・ククル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

気になる!「鎖骨ほぐし」

ヨガのインストラクターになってから、
以前よりさらに体のケアに関することに興味を持つようになりました。

今日もそんな体のケアに関するこの記事が気になりました。
「5秒でOK! 肩こり解消には「鎖骨ほぐし」
(参考 5/19配信 テレ東プラス
URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00010000-tvtplus-life&p=2)

記事は吉田一也先生による見解に基づいて作成されたもので
吉田一也先生
→理学療法士。医学博士。
人間総合科学大学保健医療学部 准教授。高田馬場にて肩専門コンディショニングサロン「APULA」を運営。
著書「肩こり、首痛、頭痛は鎖骨を5秒ほぐすだけでなくなる!」(主婦の友社)にて「鎖骨ほぐし」を提唱している。
と紹介されています。

この記事では、『肩こりの解消には肩をもむより鎖骨をほぐせ』
という意外なことから始まっています。
鎖骨をほぐすことで、肩こりだけではなく、首痛や頭痛にも効果があるのだとか。

記事では、鎖骨がいかに肩関節と密接につながっているかの”実験”があります。
(以下『』部分は記事より抜粋)

『腕を上げてみてください。上がりましたね。
では、鎖骨を押さえて腕を上げてみてください。
あら不思議! 腕が上がりません』

私も実際にやってみました!
「上がらない」というよりは、「上げにくい」感じですが
確かに鎖骨を押さえるかどうかで腕の上げ方に明らかな違いがあります。

これは、いかに鎖骨が肩関節に関係しているかを示すもので
『鎖骨は胸骨や肩甲骨と繋がっているので、鎖骨が圧迫されていると肩の関節が動きにくくなる』
と説明されていました。

『また、鎖骨の周りには多くの神経や血管、リンパが密集していて、圧迫により血流が悪くなり老廃物が溜まりやすくなります。』

私のヨガのレッスンの時にも「鎖骨を動かして」とよくお伝えしていますが、
鎖骨の動きは本当に大切☆


そしてこの”鎖骨ほぐし”では、マッサージではなく『皮膚をつまんで引っ張ること』
がポイントと記されています。

”皮膚をつまんで引っ張る”?
ここがとても以外でしたが、これも記事の中での”実験”で納得!

『屈伸してください。できますね。
では、パツパツのジーンズを履いて屈伸してください。
むむっ、脚が曲がりませんね。』

この例は、とてもわかりやすかったです◎

『これは筋肉も同じ。
いくら筋肉や関節が柔らかくても、外側の皮膚がタイトだと、動かなくなってしまいます。
そこで鎖骨周辺の皮膚を柔らかくすることが必要なのです』

筋肉や関節が柔らかくても、皮膚が硬いと動きにくい!
なるほどぉ〜!!

そしてこの記事では、鎖骨のほぐし方について具体的に記載されていますが、
文字で読むより、動画で見た方がわかりやすかったです。
気になる動画は「鎖骨ほぐし動画」で検索し古田一也さんのものを選ぶと出てきます。

私自身、物心ついた時から「肩こり」に悩まされていました。
幼い頃から体が硬く、姿勢が悪かった影響だと思います。
小学生のころでは、鎖骨に意識が及ぶべくもなく、長年肩こりに悩まされていました。

ヨガに出会ってからは、かなりマシにはなりましたが
ヨガスタジオ運営に必要な、パソコン作業をしているのでまだまだ肩こりとは縁を切ることはできていないです。

なので、「鎖骨ほぐし」少しチャレンジしてみようと思います。
ただ...
「1箇所あたり5秒、数か所で3〜5分」を朝昼晩の3回。
続くかな〜(;^ω^)





posted by MIKA at 05:59| ボディケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする